≫ラベルリストをもっと見る

70代男性が語る高齢者のSNS事情、毎日「訃報」にビクビク

2019/02/05 18:30
今や若い世代のみならず、高齢者の間でもパソコンやスマホを日常的に使える人が増えており、SNSを活用して連絡を取り合う人も少なくない。そうした中で、高齢者ならではのSNS事情というものもあるようだ。 都内に住む70代の男性Nさんは、元々パソコンに詳しく、スマホも使いこなしており、一部の親戚や友人とはFacebookやLINEで連絡を取り合っていた。 長年勤めた会社を退職した後も、現役時代と変わらず数百枚単位の年賀状を書いていたが、2年前には「年賀状を書くのを今年限り..

続きを読む

携帯市場の中古ガラケー販売、2018年1~10月で過去最高に

2018/11/08 16:49
携帯電話全般の買取・販売を手掛ける携帯市場は、2018年1~10月の10カ月間における中古フィーチャーフォン(ガラケー)の販売台数が前年同期比で約1.5倍にあたる15万743台と過去最高を記録した。これを踏まえて、携帯市場では12月末時点で20万台を超える見込みとしている。 2017年11月に東京・神田にガラケー専門店「携帯市場 神田本店」をオープンしたほか、18年9月にiPhoneとガラケーの小型専門店を4店舗、10月に1店舗を出店したことが販売増の要因にもなった。 ..

続きを読む

堅実な若者層に刺さり、1カ月で6万8000件超の契約!明治安田生命の戦略とは

2016/11/09 17:03
明治安田生命保険が10月に発売した若年層向けの貯蓄性商品「じぶんの積立」の販売が好調だ。発売1カ月で6万8000件超と年間計画の半数以上を記録。低金利が続く中、解約時の払戻率が常に100%以上の特性が若年層の貯蓄ニーズを捉えた。ただ、商品単体の収益性は低いため、今後は主力商品の契約へどれだけつなげることができるかが問われる。 明治安田生命は、若年層対策の新ブランドとして、「かんたん保険シリーズライト」を開発。10月に積み立て型や終身型など3商品を発売し、このうち、積み立..

続きを読む

もっと見る