≫ラベルリストをもっと見る

シニアだけに用意された「交通費割引特権」、飛行機6割引も

2019/04/14 18:55
時間に余裕ができたから、ゆっくり国内旅行にでも行きたい──。シニアだけに用意された各種の割引特権は、使わないともったいない。トラベルライターの白川淳氏が、なかには50歳から利用できるサービスもある鉄道や航空のシニア割引について紹介する。 ◆ジパング倶楽部 JRグループ6社が連携した会員制旅行クラブで、男性65歳以上、女性60歳以上(どちらかが65歳以上の場合、配偶者の年齢に関係なく夫婦会員になれる)が入会可能。 年会費は個人会員が3770円、夫婦会員は629..

続きを読む

JR九州、九電から新電力に変更 駅舎など千カ所、経費削減

2016/06/15 17:58
JR九州は15日、九州電力から電力供給を受けている駅舎や事務所など約千カ所を新電力との契約に切り替えると明らかにした。4月からの電力小売り全面自由化で九電以外から電力を買えるようになったため、割安な料金を提示する新電力に変更。2016年度中の株式上場を見据え、本業である鉄道事業の経費削減につなげる。 切り替えるのは一般家庭と同じ50キロワット未満の低圧電力の施設。約3800カ所ある施設のうち、削減効果の高い約千カ所を対象にした。電車の動力として使う電力や新幹線の駅は含ま..

続きを読む

新幹線の「車内改札」が今になって終わる事情

2015/12/06 09:09
「きっぷを拝見いたします」。東海道新幹線の車内で仕事などに没頭していたとき、車内改札でハッと現実世界に呼び戻された経験は誰にもあるだろう。何かと不満の多い“恒例行事”だが、鉄道営業法には「乗客は車掌から請求があれば、切符を提示しなくてはいけない」と定められている。 その新幹線の車内改札を、JR東海が廃止すると発表した。2016年3月のダイヤ改正日から実施する。車内改札をやめるのは指定席とグリーン席で、自由席ではこれまでどおり、車掌が切符を直接確認する形で改札する。 ..

続きを読む

海を飛ぶ高速船ジェットフォイル、消滅の危機 災害時に有用も

2015/10/26 09:03
「ジェットフォイル」は、ガスタービンで動かすウォータージェット推進機によって、海水を吸い込んで船尾から勢いよく噴射、水中翼で船体を海面上に持ち上げて航行する高速船です。“海を飛ぶ”船と表現されることもあります。 最高速度が時速45ノット(約83km/h)に達するこの高速船は、離島航路に最適といわれており、国内で20隻が就航。外海の離島航路としては、海が荒い北海道海域を除くと、日本本土と離島を結ぶ主力の高速船といえるでしょう。 ただジェットフォイルは日本で、もう20..

続きを読む

もっと見る