≫ラベルリストをもっと見る

深刻な中高年の「ひきこもり」 親も高齢化、見えぬ将来

2019/07/20 17:11
かつては若者の問題とされていたひきこもり。今、問題視されているのは中高年だ。 国が三月に公表した調査結果によると、四十~六十四歳のひきこもり状態の人は推計で約六十一万人にも。 八十代の高齢の親が、引きこもる五十代の子どもの面倒を見る状況は「8050(はちまるごーまる)問題」と呼ばれ、親亡き後、子どもが頼る人を失うことが懸念されている。支援はどうあるべきか。  五年前のある日、長女の部屋をのぞいた瞬間、悲鳴を上げた。 赤く染まった布団に倒れている長女。首..

続きを読む

中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る

2019/03/29 17:27
40~64歳のひきこもり状態の人が全国に61・3万人いる。内閣府は29日、そんな推計を公表した。 「中高年ひきこもり」の全国規模の数が明らかになるのは初めて。従来ひきこもりは青少年・若年期の問題と考えられてきたが、その長期化・高年齢化が課題となる状況が浮き彫りとなった。 内閣府が2015年度に実施した調査で、15~39歳の「若年ひきこもり」は54・1万人と推計された。今回、40~64歳の「中高年のひきこもり」について国レベルで初の調査を実施。調査方法の一部変更があ..

続きを読む

ひきこもり、孤立の末 母76歳の死体遺棄事件

2018/09/03 17:15
長崎市で8月、母子2人暮らしのアパートで母親=当時(76)=の遺体が見つかり、息子(48)が死体遺棄容疑で長崎署に逮捕された。関係者によると、息子は無職で長年ひきこもり状態だったという。近年、50代のひきこもりと80代の親が社会的に孤立し困窮する「8050(はちまるごーまる)問題」が深刻化している。母子もそれに近い状態だったとみられる。 「異臭がする」 8月20日午前。県警に匿名のメールがあった。現場は長崎市上小島2丁目のアパート。駆け付けた警察官が2階の部屋で女..

続きを読む

もっと見る