≫ラベルリストをもっと見る

研究班、半数から検出 薬効かない菌、鶏肉に拡大

2018/03/31 17:19
感染症の治療に広く使われている抗菌薬が効かない薬剤耐性菌が、国産や輸入の鶏肉約550検体のうちの半数から検出されたことが31日、厚生労働省研究班の調査で分かった。抗菌薬は家畜の成長促進目的で使われることがあり、薬を与え過ぎたことによって、鶏の腸内にいた耐性菌が増え、肉に付着したとみられる。 鶏肉は食中毒防止のため、以前から十分な加熱調理が推奨されており、耐性菌が付いているものを食べても健康な人に影響はない。ただ放置すれば食品などを通じて社会に広がっていき、免疫力が落ちて..

続きを読む

最新がん予防策、「ハーバード式スープ」とは コンビニ飯なら「条件を絞って」選んでみよう

2015/11/04 10:55
日本人の2人に1人が「がん」になると言われている現代。そしてがんの原因の35%が食事にあると言われています。その原因というのは主に、体内にある食べ物の残留物。老廃物とも言いますが、それらが酸化することで、様々な疾患を生み出してしまうのです。 そんな老廃物を掃除してくれるのが、野菜や穀物の食物繊維。これ自体はよく聞く話ですが、その摂取方法を工夫することでより抗酸化作用が高まり、生活習慣病の罹患リスクが減るということがわかってきました。 毒素から体を守る救世主、どう摂..

続きを読む

<TPP>関税撤廃、追加品を公表…オレンジなど 農水省

2015/10/09 08:30
日米など12カ国が大筋合意した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、農林水産省は8日、輸入する果実や畜産物、水産物、加工食品などの関税撤廃でも合意したと発表した。オレンジやサクランボ、牛タン、氷菓、サバなど幅広い品目で段階的に撤廃される。 関税を設定している農林水産物834品目のうち協定発効後に約半数で撤廃する。海外の安い産品の輸入が拡大して家計にプラスに働くことが期待される一方、国内の生産農家の経営を圧迫する恐れもある。 政府は、高関税で保護してきたコ..

続きを読む

もっと見る