≫ラベルリストをもっと見る

愛犬捜し3カ月 いの町の川村さん 新聞広告16回、大型捕獲器も購入

2019/08/03 17:54
簡単には諦められんです 5月の連休明けから高知新聞朝刊に同じ「尋ね犬」が載り続けている。 7月末で16回。誰が、どんな思いで捜しているのか。聞くと、軽四トラックと大型捕獲器まで購入して懸命だった。   「ゆず」という名の小型の雌で推定3歳。茶白のシバイヌ系雑種で、体に黒いハーネスを着けている。 5月2日夜、吾川郡いの町、天王ニュータウン近くのリサイクル作業場から逃げた。 https://www.kochinews.co.jp/artic..

続きを読む

撤退?あり得ません 高知市のパチンコ123がうわさ否定 土地も取得

2019/02/14 18:01
高知西武百貨店の跡地(高知市南はりまや町1丁目)に2011年に進出したパチンコ店「123+Nはりまや橋店」を巡り、一昨年ごろから撤退のうわさが絶えない。 この状況に対して経営する「延田(のぶた)エンタープライズ」(大阪市)の幹部が高知新聞の取材に応じ、「撤退の考えはない」と強調。賃借していた土地の半分以上を取得したことも明らかにした。   〈私達がこの地を離れる事は100%ありません!!〉。 2月初旬、「123」店内に張られたお知らせにこんな言葉があった。遊技..

続きを読む

森林経営管理法に「不安」高知県内市町村、職員不足を懸念

2018/11/11 17:50
来春施行へ高知新聞アンケート スギやヒノキなどの民有林の荒廃防止を目指した森林経営管理法が来年4月に施行される。適切な手入れがされていない山林を市町村が山主から預かり、民間業者に経営を任せることができるという仕組み。 高知新聞社が県内34市町村を対象に行ったアンケートでは、31市町村が新たな業務を推進するに当たって「不安」「少し不安」、30市町村が林業担当職員の数を「不足」と答えた。森林面積が全国一の84%を占める高知県。ノウハウに乏しく職員の確保がままならない脆..

続きを読む

高知市の重症児デイ「いっぽ」開設1年 医療的ケア児家庭の味方

2018/09/20 18:25
全盲で重度心身障害の山崎音十愛(おとめ)さん(県立盲学校中学部2年)の母親、理恵さん(51)が立ち上げた重症児デイサービス施設「いっぽ」(高知市朝倉南町)が9月で開設1年を迎えた。県中央部の医療的ケア児家庭の強い味方としてフル稼働している。 苦難の人生を高知新聞が一昨年、連載したことがきっかけで、山崎さんは、同じ境遇にある家庭を救うための施設造りを決意。昨年4月、NPO法人「みらい予想図」を設立した。3千万円を超す寄付に助けられ「いっぽ」は県内8番目の重症児デイ施設とし..

続きを読む

重症児デイへの募金50万円超 高知県佐川町の有志が支援

2017/06/22 17:04
重度障害児の放課後等デイサービス施設開設を目指すNPO法人「みらい予想図」(山崎理恵代表)を支援しようと、高知県高岡郡佐川町の有志が募金活動を展開し、このほど50万円を突破した。障害者福祉に深い思いを持つ町民と、山崎代表との交流が縁で募金が始まり、関係者は「福祉充実への思いが結集できた」と喜んでいる。 山崎代表は、高知新聞で2016年に始まった連載「音十愛(おとめ)11歳 奇跡の笑顔―全盲・重複障害を生きる」の母親。かつての自分と同じ境遇にある介護や看護疲れに苦しむ母親..

続きを読む

眠れぬ母を救いたい 高知市の山崎さんが重症児デイ施設開設へ

2017/02/16 18:03
2016年、高知新聞が連載した「音十愛(おとめ)11歳 奇跡の笑顔―全盲・重複障害を生きる」の母、山崎理恵さん(49)=高知市=が、かつての自分と同じ境遇の母親たちを救うため、重症心身障害児の放課後等デイサービス施設開設へ動きだした。そのためにNPO法人を設立し現在、高知県に承認を申請中。9月オープンを目指している。 利用対象は在宅で、医療的ケアが必要な重症児。この種の施設は看護師、保育士の確保がネックで、高知県内には高知市を中心に7施設(定員は5人か6人)あるが常に満..

続きを読む

もっと見る