≫ラベルリストをもっと見る

<猫ブーム>“良き飼い主”を見つける「保護猫カフェ」とは

2017/03/19 17:58
「保護猫カフェ」は、猫を集客に使う従来型の「猫カフェ」とは一線を画し、捨てられて行き場を失った後に保護された猫の、飼い主探しを目的とするカフェです。ジャーナリストの駅義則さんが、「保護猫カフェ」をめぐるエピソードを紹介します。 ◇ 池袋マルイ最上階を“占拠” 2月25~28日、東京・池袋にある百貨店「マルイ」最上階の7階のほぼ全スペースで、猫関連グッズの物販展が行われた。主催者で「保護猫カフェ」運営会社のネコリパブリック(2014年設立)は、会場の一角で猫と飼い主..

続きを読む

<猫ブーム>不妊手術は本当にかわいそうなのか

2016/12/03 17:20
捨て猫は大量に繁殖して、悲惨な死に方をします。この不幸の連鎖を止めるには不妊手術しかないのが実情ですが、「かわいそうだ」と二の足を踏む人も多いのです。だが、そういう人ほど、不妊手術がどんなものなのか、知らないのではないでしょうか。猫の保護活動を続けるジャーナリストの駅義則さんが不妊手術の現場を報告します。 ◇新潟市で野良猫の一斉不妊手術 国内のあちこちに出かけ、野良猫の一斉不妊手術を無料で行っている団体がある。公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)だ。 ..

続きを読む

<猫ブーム>価格高騰、「ペット競売」の危うい盛況

2016/10/22 14:12
ペットショップに行けば可愛い盛りの子猫や子犬が何匹もいて、お気に入りの一匹を選べる。ショップが常に多数のペットを用意できるからこそ成り立つ商売だ。背景には、繁殖業者(ブリーダー)とペットショップを組織的につなぐ日本独自の「ペットオークション」というシステムがある。どういう仕組みなのか。ジャーナリストの駅義則さんが報告する。 「6万円、6万1000円…。はい6万5000円」。 白衣を着た男性2人が、空気穴の開いたダンボール箱から子犬や子猫を一匹ずつ取り出し、周囲の机..

続きを読む

もっと見る