≫ラベルリストをもっと見る

厚労省“ブラック企業リスト”更新 労働者の「二重派遣」で中間搾取した企業など追加

2019/02/06 19:55
厚生労働省はこのほど、労働基準関係法違反の疑いで送検された企業のリストを更新した。2018年12月までの分として50社を追加した一方、厚労省が「掲載の必要性がなくなった」と判断した企業を削除したため、掲載企業は447社となった。 過労死ゼロを目指す取り組みの一環で、17年5月にWebサイト上に初公開。公表から1年がたったため現在は削除されているが、当初は電通本社やパナソニックなどの大企業が名を連ねる“ブラック企業リスト”として話題を呼んだ。 今回の更新では、法的に..

続きを読む

障がい者の雇用、どう増やすのか?

2018/05/21 16:45
企業経営者は従業員のうち一定比率の障がい者を雇用しなければならない。オフィスや工場の中で障がい者に働いてもらう場を見つけることは容易ではなく、半数の企業が雇用比率は未達。その難題を解決しようと、企業に成り代わって障がい者が喜んで働ける場を会社の外で提供している会社がある。 しかし、障がい者雇用対策を行う厚生労働省は、あくまで当該企業の下での雇用が望ましいとみている。一方で、会社の中で障がい者の能力を生かして働ける場所を見出している企業もある。障がい者雇用の現場をリポート..

続きを読む

年々注目の集まる「ブラック企業大賞」とは?

2017/02/07 16:39
「体が痛いです。体が辛いです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」これは、2008年6月に過労自殺した居酒屋チェーン大手「ワタミフードサービス」の新入社員(女性)がのこした手帳の文面だそうです。この文面は入社後1カ月半で記されたということですが、その後1カ月もたたずにその方は亡くなっています。当時、大きく報じられたこの過労自殺から、今年(2017年)で9年になろうとしていますが、日本の労働環境がはっきりとしたかたちで改善されているとは到底い..

続きを読む

「ブラック企業大賞」に電通、佐川急便などノミネート

2016/12/01 18:21
弁護士やジャーナリストなどで構成するブラック企業大賞実行委員会は1日、労働やパワハラなどで問題があると指摘する今年の「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業(法人)10社を発表した。新入社員の過労自殺をめぐって強制捜査された大手広告会社、電通などが入った。今後、インターネットでの一般投票などを行い、今月23日に大賞の発表、授賞式が開かれる。 ほかにノミネートされたのは、エイジス(棚卸し代行業者)▽ドン・キホーテ(ディスカウントストア)▽プリントパック(印刷サービス)..

続きを読む

電通「働きやすい」国が認定、是正勧告の一方

2016/10/26 17:04
大手広告会社の電通(東京都港区)について、厚生労働省は、違法な長時間労働が行われていたとして同社関西支社(大阪市)が労働基準法違反で是正勧告を受けていたにもかかわらず、労働時間短縮に取り組み、働きやすい「子育てサポート企業」に認定していたことがわかった。 認定は、2005年に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づいており、今年6月時点で、2570社が選ばれている。 認定されるには時間外労働の削減などに取り組み、法令に反する重大な事実がないことなどが基準で、電..

続きを読む

もっと見る