≫ラベルリストをもっと見る

中部電、暖房需要で電力融通 東北電など3社から

2019/01/10 17:04
中部電力は10日、同日午前9時から正午の間に東北電力と東京電力パワーグリッド、北陸電力から計105万キロワットの電力融通を受けたと発表した。気温が低下して暖房設備などの電力需要が増加し、曇天で太陽光発電の出力見込みも想定を下回ったため。電力広域的運営推進機関を通じて3社に依頼した。 当初、正午以降は需要減少や火力発電所の出力増で、他社から融通を受けずに安定供給できる見通しとしていたが、午後も融通を受けている。中部電は2017年2月にも電力融通を受けたことがある。 ..

続きを読む

電力自由化3カ月、契約切り替えが2%に到達 首都圏で競争激化

2016/07/09 19:00
経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関は8日、電力小売りの全面自由化で、契約を切り替えた世帯が6月30日時点で全国で126万4400件になったと発表した。4月に全面自由化が始まり3カ月間で、総契約数(6260万件)の2%に達した。新たに市場参入した企業は300社を超え、主戦場の首都圏では大手電力同士の従来の供給エリアを越えた販売競争も激しくなっている。 新電力などに切り替えた世帯を地域別で見ると、東京電力管内が76万2500件と最も多く、関西電力管内の26万500..

続きを読む

電力の購入先変更世帯が100万件突破 小売り自由化2カ月で、首都圏と関西に集中

2016/06/03 15:45
経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関は3日、電力小売りの全面自由化を受けて、契約を切り替えた世帯が5月31日時点で全国で103万5500件に達したと発表した。4月に全面自由化が始まり、2カ月間で100万件の大台超えとなった。 対象となる総契約数(6260万件)の約1・7%が契約変更した計算になるが、3月までの事前申し込みに比べると、4月に続いて5月も伸びが鈍っている。 新電力などに切り替えた世帯を地域別に見ると、東京電力管内が64万7300件と最も多く、関..

続きを読む

電力小売り全面自由化1カ月、新電力への切り替えは一部にとどまり…関電はホッと安堵、各社は「余地あり」と強気

2016/05/05 09:17
家庭が電気の購入先を自由に選べる電力小売りの全面自由化から1カ月が過ぎた。関西、首都圏を中心に都市ガスや通信会社などの新規参入事業者「新電力」が割安な料金で売り込みを図っている。ただ、既存の大手電力から切り替えた家庭は一部にとどまっており、競争は静かなスタートとなった。 都市ガスの仕組みや新しいガス機器を使った調理などを紹介する大阪ガスの情報発信施設「ハグミュージアム」(大阪市西区)。「これからは電気も大阪ガス」とアピールするポスターが張られ、のぼりが掲げられた。 ..

続きを読む

「電力自由化」徐々に切り替え浸透 1週間で6万件増える

2016/04/23 19:00
電力広域的運営推進機関は22日、電気の購入先を自由に選べる電力小売りの全面自由化を受け、新規参入事業者に契約を切り替えた世帯が15日時点で68万3000件に達したと発表した。全国の世帯数(6260万)の1%程度だが、1週間前の8日時点と比べ約6万件増加した。販売を独占してきた大手電力から、新規事業者に切り替える家庭がじわりと増えている。 新規事業者に切り替えた世帯を地域別にみると、東京電力ホールディングス管内が42万9700件と最も多く、関西電力管内の16万500件が続..

続きを読む

【電力自由化】電力申込み、東京ガス24万件突破 ガスとのセット契約が97%、参入組トップか

2016/04/05 18:39
東京ガスは5日、電力小売り全面自由化を受けて開始した家庭向け電力販売の申込件数が、4月4日時点で24万2千件に達したと発表した。うち97%がガスとのセット契約だった。セット割引を背景に契約数を伸ばし、首都圏の新規参入者のなかでは、最も契約数が多いとみられる。 東ガスは3月末までに申し込めば1000ポイントを付与するキャンペーンを実施したため、3月末にかけて契約件数を急速に伸ばし、3月30日の時点で20万件を突破した。 このほかの新規参入者では、3月31日時点でJX..

続きを読む

もっと見る