≫ラベルリストをもっと見る

介護費、参院が当面負担 れいわ2氏の議員活動中

2019/07/31 18:40
与野党は三十日の参院議院運営委員会理事会で、重い身体障害があるれいわ新選組の木村英子、船後靖彦両氏の議員活動に必要な介護サービスの費用について、国や自治体の支援が受けられない部分は当面、参院で負担することを決めた。 将来的な費用分担は参院と厚生労働省で協議し、年度内に結論を出すことにした。  両氏は障害者総合支援法に基づき、二十四時間体制で介助者がつく「重度訪問介護」を受けている。 自己負担は最大一割で、一~三人の介助者が食事や入浴、移動などを支援している。..

続きを読む

初当選のれいわ議員に 維新代表、介助費「自己負担で」

2019/07/30 19:44
日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は30日、参院選でれいわ新選組から初当選した木村英子氏(54)ら、重い障害のある議員2人の介助費用について「どなたにも適用できるよう制度全体を変えるならいいが、国会議員だからといって特別扱いするのは違う」と述べ、自己負担で賄うべきだとの考えを示した。市役所で語った。 松井氏は「国会議員は高額所得でスタッフも付く。政治家は個人事業主だから、事業主の責任で(費用支出に)対応すべきだ」と主張した。 木村氏らが利用している「重度訪問介..

続きを読む

継続の可否 自治体任せ 「障害福祉」65歳切り替え問題

2019/02/14 16:34
障害福祉サービスを受けている人が六十五歳になると、介護保険のサービスへの切り替えを自治体から求められる。しかし、障害福祉と高齢者介護では異なる部分も多く、現在受けているのと同じサービスを受けられなくなったり、自己負担が増したりする。スムーズに移行できる人がいる一方で、障害福祉と介護の違いに戸惑う人もいる。 この背景にあるのが、障害者総合支援法だ。 第七条は、障害福祉サービスと同じ内容のサービスを介護保険でも受けられる場合は、介護保険が優先されると規定する。ただ、厚..

続きを読む

障がい者の雇用、どう増やすのか?

2018/05/21 16:45
企業経営者は従業員のうち一定比率の障がい者を雇用しなければならない。オフィスや工場の中で障がい者に働いてもらう場を見つけることは容易ではなく、半数の企業が雇用比率は未達。その難題を解決しようと、企業に成り代わって障がい者が喜んで働ける場を会社の外で提供している会社がある。 しかし、障がい者雇用対策を行う厚生労働省は、あくまで当該企業の下での雇用が望ましいとみている。一方で、会社の中で障がい者の能力を生かして働ける場所を見出している企業もある。障がい者雇用の現場をリポート..

続きを読む

<介護>高次脳機能障害どう支える 小室哲哉さん会見で注目

2018/02/01 16:19
音楽家の小室哲哉さん(59)が引退会見で明かした、妻KEIKOさん(45)の高次脳機能障害。気づかれにくいことが災いし、家族が抱え込んで孤立しがちだ。介護する側はどんな困難に直面しているのか、周囲はどうサポートすべきか。 ◇「心地よい居場所」づくりを 「うーっ」。男性(24)はいらついた様子でそううめくと、51個まで数えた小豆を元の皿へ一気に戻した。1月27日午後、東京・新宿で行われた、高次脳機能障害者を支援するNPO法人「VIVID(ヴィヴィ)」の社会参加促進プ..

続きを読む

医療的ケア児急増、制度追いつかず 支える仕組み必要

2018/01/15 16:55
出生時の病気や障害でかつては亡くなっていた新生児が、医療技術の進歩によって救われるケースが広がったことで、医療的ケア児が増えている。だが、障害者福祉制度は実態に追いついていない。必要なケアがあれば、外で活動できたり自宅で暮らせたりできる子どもらが不自由を強いられている。 重度の心身障害がある子どもは、デイサービスなどの障害福祉サービスを受けられる。だが、医療的ケアに特化したサービスは事業所への報酬が少ない上、看護師が配置されておらずリスクが高いとして、受け入れを拒否する..

続きを読む

もっと見る