≫ラベルリストをもっと見る

私自身がんになって <5> 放射線ではなく手術を選択した理由

2019/02/02 17:30
「Dr.中川のみんなで越えるがんの壁」 年末に早期の膀胱がんを自分で発見して、治療を受けました。腫瘍は15ミリで、粘膜の表面にとどまっていたため、内視鏡で切除しました。 膀胱がんは、肉眼的、顕微鏡的な血尿が8割に見られます。それが早期発見のカギですが、私は陰性でした。これは例外的で、膀胱がんの症状で一番多いのは、「痛みのない血尿」です。菅原文太さんも血尿がキッカケで病院に来られました。 文太さんは、検査の結果、2〜3センチの大きさに進行した「浸潤がん」。がん..

続きを読む

<医療保険>90歳でも加入OK 高齢者向け増加

2018/01/06 17:26
長寿化で「人生100年時代」が近づく中、高齢者向けの保険商品が増えている。保険会社は、将来蓄えが尽きて医療費が払えなくなる「長生きリスク」に備える保険商品を相次いで投入。先月には90歳からでも入れる終身医療保険が初めて登場した。長らく現役世代をターゲットにしてきた保険業界だが、人口構成の変化で商品戦略も大きく変わりつつある。 90歳でも入れる医療保険を発売したのは、明治安田生命保険。従来の商品は80歳までしか入れなかったが、この商品は50~90歳を対象とした。 入..

続きを読む

がん、心筋梗塞、脳卒中…日本「3大疾患」治療のお値段

2017/01/04 18:06
■がん がん治療は、「手術」「抗がん剤」「放射線」が3本柱。一般的に治療費は100万~200万円といわれる。がんの種類、進行度、手術の難易度や患者の年齢などの条件の違い、治療方法、入院日数、検査・薬の種類によって変わる。 たとえば大腸がんなら、結腸切除手術を受けて2週間入院した場合の医療費は40万円ほど(3割負担)。術後に抗がん剤治療を6カ月行うことになれば、薬剤の種類によって1カ月あたり「2万5000~10万円(3割負担)」×6カ月分の費用がかかる。 ただ..

続きを読む

もっと見る