≫ラベルリストをもっと見る

女性2人が体験した、本当に怖い「相続の失敗」

2019/09/23 16:29
■遺言執行者が書かれていないばかりに… ここ1、2年、遺言を書きたい、というご相談がたいへん増えています。今年1月13日施行の民法改正でも、自筆証書遺言の様式が緩和されるなど、国も遺言を奨励する傾向にあります。 さて、そんな遺言ですが、意外と知られていない盲点があります。 それは、遺言執行者をきちんと指定しておくべきである、ということ。指定していなかったばかりに、大変なトラブルが起きることがあります。 A子さんもトラブルに見舞われた1人。 A子さ..

続きを読む

遺産分割協議に期限…所有不明地抑制へ検討

2018/12/19 16:24
法務省は、遺産分割を話し合いで決める場合の期間を限定する方向で、民法改正の検討を始めた。有識者による研究会で議論しており、来年に法制審議会(法相の諮問機関)に諮りたい考えだ。遺産分割の相続人が手続きをせず、所有者不明の不動産が増えている現状に歯止めをかけ、土地の有効活用を促す狙いだ。 現行法には、遺産分割について、話し合いで決定するまでの期間を制限する規定がない。遺言がなく、相続税がかからない土地の場合などでは、相続人が協議をしなかったり、話し合いがまとまらなかったりす..

続きを読む

バツイチの兄がアパートで「孤独死」 遺骨と墓は、誰が「承継」すべきなのか?

2015/12/07 16:51
兄がアパートで孤独死した。遺骨や、兄が承継していた家の墓をどうするべきかーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーに、こんな悩みが投稿された。兄の死を警察から聞いた投稿者は葬儀屋へ連絡し、火葬のみをお願いして、現在、遺骨を預かっているという。 投稿者によると、亡くなった兄には、7年前に離婚した妻との間に20代の子どもが2人いる。彼らに遺骨の引き取りを頼んだが、拒否されてしまったという。 また、兄は、自らローンを払って建てた実家の墓を継いでいた。誰が、兄と投稿者の父・..

続きを読む

認知症患者の遺言は有効?微妙な境界線を探る

2015/10/05 12:03
近年、「終活」が取り上げられるようになり、その一貫として遺言の重要性についての理解も進んでいます。一般論として「遺言はないよりあったほうがよい」と言えますが、遺言を巡る紛争では「遺言者が遺言を作成する能力があったのかどうか」が争われることもしばしばあります。特に問題となるのは、高齢で認知症を疑われる状態で遺言を作成した場合です。このような場合、遺言は有効と見なされるのでしょうか。 まず前提として、遺言を作成するためには「遺言能力」(遺言の内容を具体的に決定し、その法律効..

続きを読む

もっと見る