≫ラベルリストをもっと見る

トレンドは海苔なし、雑穀、混ぜご飯――コンビニネイティブの胃袋をつかめ「おにぎり改革」

2019/05/29 17:51
昨年、ローソンで「悪魔のおにぎり」が大ヒットした。 コンビニのおにぎりで近年、変化が起きている。おにぎりといえば、「黒い海苔」に「白いご飯」が定番だったが、いまやそれだけではない。 目立ってきたのは「海苔なし」「雑穀」「混ぜご飯」。そのため、コンビニのおにぎり売り場は今ではずいぶんとカラフルになっている。変化の背景にあるものは何か。コンビニ大手に聞いた。 勝ちパターンを変えた「悪魔のおにぎり」 ローソンがヒットさせた「悪魔のおにぎり」。これは、白だしで..

続きを読む

農産物の品種保護へ法改正 農水省検討

2019/05/26 17:07
農林水産省が、国内で開発された農産物の新品種保護の強化に向けて、種苗法を改正する検討に入ったことが25日、分かった。 新品種の海外流出が問題になっているためで、農産物の輸出を阻害する事態に歯止めを掛ける狙い。農水省は検討会の議論を踏まえて法改正の作業に入る。早ければ来年の通常国会での法案提出を目指す。 日本では、農産物を品種登録すると種苗法で登録者(育成者)の販売権が25年(果物は30年)保護される。ただ、種苗の海外流出を食い止める規制が不備で近年、優良な品種が流..

続きを読む

コンビニの「ポイント還元」「実質値引き」「なぜ今やるの?」騒ぎでそもそもみんなが忘れていることとは?

2019/05/21 17:10
大手コンビニエンスストアのセブン-イレブン・ジャパンとローソンが、消費期限接近のデイリー食品(弁当やおにぎり)などを購入する顧客に対し、カードのポイントを、通常の5倍還元すると発表した。 5月17日(金)、ローソンの記者会見の日は、特にメディアは大騒ぎだった。 筆者にとっても、この1~2週間は、怒涛のスケジュールとなった。 5月13日(月)に、農林水産省のASEAN事業の一環で、インドネシアのボゴール大学へ渡航。渡航する前の羽田国際空港で日経プラス10..

続きを読む

<震災8年>一人暮らしになり、カップ麺ばかり…被災地に今も残る「食の砂漠」とは?

2019/03/11 16:51
塩野崎淳子  在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活 東北地方にも春の日差しが降り注ぐ季節になりました。2月18日、私は宮城県気仙沼市の南郷住宅を訪れました。風は冷たかったものの日差しは暖かく、洋服に使い捨てカイロを貼ってきたことを少し後悔しました。南郷住宅は、気仙沼市の災害公営住宅第1号の集合住宅で、「南気仙沼小学校」があった場所に建てられています。 小学校は津波の被害を受け閉校することになりましたが、敷地内には校歌碑、校門などが残されて..

続きを読む

「サバ缶」大ブームでも水産会社が喜べない事情

2019/03/10 16:15
サバ缶のかつてないブームが水産会社の懐を潤している。2018年4~12月において業界トップシェアであるマルハニチロのサバ缶の売上高は前年同期比で5割近く伸びている。業界2番手の日本水産も約40%の増加という。  利益面でも貢献度は大きい。マルハニチロの場合、同期間における缶詰事業の営業利益は同約4割増えて20億円強となっている。サンマ缶やギフト用の高級缶詰が不調の中、大幅増益を達成している立役者がサバ缶だ。ちなみに同社の今通期の連結営業利益計画は250億円(前期比2%増..

続きを読む

和牛、中国で大量流通=禁輸理由に、カンボジア経由か

2018/12/31 16:53
日本産の牛肉が、輸入を禁止している中国で大量に流通しているようだ。不思議な現象のカギを握るのはカンボジア。同国に輸出した日本産牛肉は2009年までゼロだったが、17年には全体の5分の1を占める第2位の輸出先に急成長した。日本産和牛の人気は中国でも高いが、中国政府が禁輸措置を解除していないため、カンボジア経由の「裏ルート」で持ち込んでいるとみられる。 01年に日本でBSE(牛海綿状脳症)が発生して以来、中国は日本産牛肉の輸入を禁止したままだ。しかし、中国では実際に流通して..

続きを読む

もっと見る