≫ラベルリストをもっと見る

介護現場、とり残されるペットたち 「床一面にフン尿」

2019/01/21 14:53
「認知症でペットの世話ができなくなり、フンや尿で清潔さを保てない」「家族同然のペットがいるからと入院を拒む」――。介護保険のサービス提供で、ペットの扱いにケアマネジャーらが苦慮する事態が広がっている。介護保険サービスでペットの世話をすることは認められていない。だが高齢者と動物の福祉は切り離せなくなっており、愛護団体などと連携する試みも動き出している。 昨年8月、川崎市。「高齢者とペット」をテーマにした介護関係者の勉強会で、約20人のケアマネジャーやヘルパーが現場の悩みを..

続きを読む

<超高齢化>“生涯未婚者急増”で大注目「成年後見」

2018/03/25 16:27
2015年の国勢調査によると、同年に69歳だった男性の未婚者は4万3000人、それがわずか3歳若い66歳では10万4000人もいました。今後、子供がいない単身高齢者はさらに増えると予想されています。将来、その人たちの意思を代弁するための制度が「成年後見」です。相模原市「みその生活支援クリニック」院長で、在宅医療・介護問題に詳しい小野沢滋医師が解説します。 ◇団塊世代以降の未婚者急増で何が起きるのか 1980年の国勢調査では、45歳で未婚(結婚したことがない)の人の..

続きを読む

「終の住処」どこに? 「日本版CCRC」と移住高齢者の選択

2016/05/14 10:07
「リタイアしてからが、本当の“現役”ですよ」。これまでの人生でまったく縁のなかった新天地に暮らす鈴木総七郎さん(73)は、明るい表情で語る。 いま、全国から注目されている福祉施設がある。2014年にオープンした「シェア金沢」。敷地内には高齢者向けの住宅や、学生、障害児らが暮らす施設が軒を連ねる。そこには、高齢者の地方移住を考えるヒントがあった。 厚生労働省によれば、2025年には団塊の世代が75歳以上になり、日本全体の後期高齢者の数は現在より533万人増加するとい..

続きを読む

育児・介護の「ダブル負担」家庭、晩婚化で増加…国が実態調査

2015/11/10 09:22
子育てと親の介護を同時に担う「ダブルケア」家庭が増えている。背景には晩婚化・晩産化が進んだことがある。一方で、自治体による子育て、介護サービスは縦割りで連携に乏しく、十分な支えがない。実態を知るため、国は今年度、初めて調査に乗りだし、支援体制作りを始める地域も出てきた。 気がつくと、布団たたきをつかんで床に投げつけていた。涙があふれた。「一緒に遊んであげたいのに、この子にはいつも『待ってて』ばかり。悔しくて……」。滋賀県東近江市の女性(43)は、今夏、長男(4)の誕生日..

続きを読む

もっと見る