≫ラベルリストをもっと見る

食物繊維で大腸がんリスク減=メタボ解消でも注目

2017/11/06 17:34
日本人の食物繊維摂取量が減り続けている。特に穀類から取る食物繊維の減少が目立ち、これが腸内環境の悪化や大腸がんの原因になると指摘されている。大妻女子大家政学部教授で日本食物繊維学会副理事長の青江誠一郎氏は「摂取する食物繊維が減ると、排便の量が減る。腸内の毒素が大腸と触れ合っている時間が長くなる」と分かりやすく解説する。 欧米型の高脂肪の食事に偏るのは問題があるとし、「そもそも食物繊維の含有量が少ないし、脂肪摂取により分泌された胆汁酸が大腸に漏れて発がん物質の元となる。総..

続きを読む

がんの中でも最強クラスの難敵 胆管がん

2015/11/14 17:13
今回は、川島なお美さんが54歳の若さで亡くなったことで、世間に広く知られるようになった病気「胆管がん」についてお話ししたいと思います。 胆管がんは私たち消化器外科医が専門とするがんの一つです。今年は任天堂の岩田聡・前社長や、柔道家の斉藤仁さんもこの病気で、いずれも50代で亡くなり、多くの人に衝撃を与えました。 それらのニュースを見るだけでも、胆管がんが非常に難しい病気である、ということは皆さんにも察していただけると思います。事実、すべてのがんの中でも、胆管がんは治..

続きを読む

もっと見る