≫ラベルリストをもっと見る

給付型奨学金支給へ 片岡政隆氏の寄付で基金 越知町議会

2019/09/07 17:50
高知県の越知町議会は6日、一般会計補正予算2億6300万円(累計48億4600万円)、篤志家の寄付を元手とした給付型奨学金の基金条例制定など19議案と2018年度の各会計決算を提出し、同年度の財政健全化判断比率など2件を報告した。 会期は11日まで。一般質問は10、11日。 奨学金基金条例は、総合電子部品大手「アルプスアルパイン」(本社=東京都)の相談役で、越知町にゆかりのある片岡政隆氏が寄付した同社の株式5万株の配当金を活用し、経済的理由で進学困難な人に給付する..

続きを読む

延滞者17万人「奨学金」に追い詰められる若者たち

2016/03/05 11:45
学生時代に借りた資金の返済が、卒業後も長期間、重くのしかかって生活を圧迫していく――。そんな奨学金制度の在り方が広く社会で問われるようになってきた。学ぶための資金が、なぜこんな問題を引き起こすのか。 取材を進めるうちに見えてきたポイントがある。借りるときは学業を支援する「奨学事業」としての姿が前面に押し出され、20歳前後の若者に最大で月10数万円の資金を貸すという「金融事業」としての実像が見えにくくなっている点だ。借りたお金を返すのは当たり前だが、その大原則の周辺で生じ..

続きを読む

児童養護施設からの巣立ちを支援 世田谷区、都内で初

2016/02/19 10:13
◆世田谷区 都内初 児童養護施設を十八歳で退所したり、里親の元を巣立ったりして大学などに進学する若者に向け、東京都世田谷区は新年度、区営住宅を月額一万円で貸し出す取り組みを始める。また、返済の必要のない給付型の奨学金制度も創設する。親の虐待などで親元を離れ、経済的な支援が受けられない若者には、高額な学費や生活費の負担が進学の妨げになっているためだ。  児童養護施設出身者らを対象にした家賃補助は京都市が、給付型奨学金は同市と長野県がそれぞれ導入しているが、いずれも都..

続きを読む

子供の貧困対策、なぜ政府は「寄付」を呼びかけるのか?

2015/11/01 17:57
政府が子供の貧困対策に「子供の未来応援基金」を設置して民間からの寄付を呼びかけていることが、議論を呼んでいる。国が重要政策として位置づける子供の貧困対策で、なぜ政府は「民間からの寄付」という形を取るのだろうか。 政府が子供の貧困解消に向けた政策の一つとして「子供の未来応援基金」を設置したのは、10月1日。政府は10月19日の子供の未来応援国民運動会議で、「国民の力を結集して、社会全体で子供の貧困対策に取り組み、貧困の連鎖を解消する」ものとして、民間からの寄付の協力を呼び..

続きを読む

もっと見る