≫ラベルリストをもっと見る

ドラッグストアが「客寄せ」の食品安売りから脱出できない理由

2018/12/26 17:42
ドラッグストアの食品売り場から安売りが消える日は来るのか――。ドラッグストアといえば主力商品の医薬品や化粧品以外だと「加工食品や飲料の安売り」、そんなイメージがある。しかし、ドラッグストアも百貨店の市場規模を抜いて6兆円超となり、これから10兆円市場を目指そうというタイミング。「食品の安売りで客を集め、化粧品や医薬品を買わせるという商売でもないだろう」(あるスーパーの首脳)という声も出てきた。 ●ドラッグストアにおける 「食品安売り」のカラクリ 「コスモス薬品の食..

続きを読む

配偶者控除額、夫と妻の所得で判定 年末調整の変更点

2018/11/09 18:00
会社勤めの人は例年11月ごろになると年末調整に関する書類を配布されます。年末調整は、この1年の所得とそれにかかる所得税を決定するものです。今年は配偶者控除・配偶者特別控除の仕組みが変更され、会社から配布される年末調整に関する書類の記入が難しくなっています。変更点を中心にお話したいと思います。 ■提出書類は2枚から3枚へ すでに年末調整に関する書類を受け取った人もいるのではないでしょうか。子供が16歳になると扶養控除の対象になりますし、生命保険に加入していれば生命保..

続きを読む

何回かき混ぜるのがいいのか…医学的に正しい納豆の食べ方を教えよう

2018/03/12 17:36
賞味期限が切れても大丈夫 まず、どのような納豆を選べばいいのか。医学博士の須見洋行氏はこう提案する。 「大粒の納豆と小粒の納豆がありますが、小粒のほうがいいでしょう。というのも、粒が小さいほうが発酵しやすく、納豆独自の栄養を豊富に含んでいることが多いからです。 一方、大粒のものは小粒に比べ発酵させるのが難しく、商品によってはうまく発酵できていないことがあります。ごはん粒の大きさに近い小粒のものを選ぶことをお勧めします」 ひきわり納豆と普通の納豆では、ひ..

続きを読む

大学病院で評判 管理栄養士が自ら実践「麦食」のススメ

2018/02/14 18:33
「病院食レシピ」が相変わらずの人気。「おいしくて体にいい」と評判の病院食の一つが慈恵医大病院だ。特徴は麦の活用。栄養部の管理栄養士である濱裕宣氏と赤石定典氏に聞いた。 同病院創始者の高木兼寛医師は明治時代、当時流行していたかっけは栄養不足が原因と考え、白米中心の兵食をビタミン豊富な麦飯に変え、当時国民病とまでいわれたかっけを撲滅した。 「歴史的な背景もあり、麦ご飯は私が就職した30年前には年2回出していましたが、徐々に月1〜2回、4回と増やし、2015年に『おいし..

続きを読む

<赤ちゃんハテナ箱>1日3食ともベビーフードは是か非か

2017/04/12 18:44
手間がかかり、材料にも気を使うのに、ほとんど食べてくれないこともある離乳食。1日3食とも市販のベビーフード(BF)を使ってはだめなのだろうか。安全面や栄養面について、専門家やメーカーに聞いた。 埼玉県和光市の「おやこ広場もくれんハウス」。三浦恵さん(31)がつぶしたかぼちゃを乗せたおさじを口元に運ぶと、生後8カ月の旭陽(あさひ)君がパカっと口を開けた。もぐもぐする様子がほほえましい。料理好きな恵さんはふだん離乳食を手作りし、味付けにはBFのだしやホワイトソースなどを活用..

続きを読む

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

2017/01/10 17:20
何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな食品添加物の基礎について、管理栄養士がお伝えしようと思います。 ◆食品添加物とは、そもそもなに? ・食品添加物の定義 食品添加物の定義は、食品衛生法によって「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用する..

続きを読む

もっと見る