≫ラベルリストをもっと見る

「不気味な黒い袋」と「ひとりの小学生」。福島8年目を象徴するもの

2019/03/11 17:55
「不気味なので嫌だ」 高さ1メートルほどの黒くて巨大な袋を見るたびに、一緒に取材をしていたキャスターの安藤優子さんが憤っていたことを思い出す。 「どれだけ『安全です、帰れます』と説明されたって、こんな巨大な袋が生活圏の中にあるのを目にしただけで、帰る気なんて失せてしまう!」 袋の中に入っているのは、除染作業で出た土や廃棄物。放射性物質が付着した地表部分の土を削り取っては、袋に詰めるという作業でできたものだ。 1袋につき1トンほどの土が入った黒い袋(..

続きを読む

介護保険料、月5869円 制度開始時の2倍超に

2018/05/23 15:50
厚生労働省は二十一日、六十五歳以上の高齢者が今年四月から三年間に支払う介護保険料(月額)の全国平均は五千八百六十九円と発表した。高齢化の進行で三月までの五千五百十四円から三百五十五円(6・4%)増え、介護保険制度が始まった二〇〇〇年度当時の二千九百十一円の二倍を初めて超えた。保険料の高い自治体は、東日本大震災で被災した福島県に集中した。 七年後の二五年度には約七千二百円、高齢者人口がピークに近づく四〇年度に約九千二百円まで上昇するとの推計も明らかにした。二五年度には介護..

続きを読む

震災6年 汚染土壌いまだ行き場なし 焼却計画に悩む東海村

2017/07/12 18:25
東京電力福島第一原発事故の除染で発生した土壌や落ち葉など、放射性物質で汚染された廃棄物の処分に東海村が頭を痛めている。一時保管場所の近隣住民からは「早く撤去してほしい」という要望が上がるが、自前の焼却施設がないため処分できず、今も県内で最も多い除染廃棄物を抱え込んでいる。六カ所ある保管場所の一つは、二〇一九年に開催される茨城国体のホッケー会場に隣接しており、早急な対応が求められている。 「震災から六年以上がたち、汚染土壌のことが忘れられているような気がした」。先月下旬、..

続きを読む

帰還困難区域の解除は5% 5年後めど、国が面積試算

2017/02/06 16:32
東京電力福島第一原発事故の帰還困難区域のうち、5年後をめどに国の避難指示が解除される「特定復興拠点」の面積は5%程度にとどまる、との試算が明らかになった。被災自治体はより広い面積を求めるとみられるが、国は予算の制約に加え、多くの住民の帰還は見通せないと慎重だ。将来復興庁が廃止された後、面積が広がるかどうかも見通せない。 帰還困難区域は原発事故の影響で放射線量が年50ミリシーベルトを超えた地域。福島県の7市町村にまたがり、対象人口は約2・4万人。現在も立ち入りが制限されて..

続きを読む

<福島復興指針>除染に国費、閣議決定 来年度300億円

2016/12/20 17:34
政府は20日、東京電力福島第1原発事故からの新たな福島復興指針を、閣議決定した。福島県の帰還困難区域に設ける「復興拠点」の除染費用を東電に請求せず、国費投入に転換。来年度予算に除染費用として約300億円を計上し、来年の通常国会に福島復興再生特措法の改正案を提出する。安倍晋三首相は「地元の要望や与党提言を踏まえ、政策を具体化した」と述べたが、事実上の東電救済になり批判が出そうだ。 政府は来年度から帰還困難区域(2012年時点の被ばく線量が年50ミリシーベルト超)の一部に除..

続きを読む

洗車用浄化槽に放射性汚泥、福島 自動車整備工場、基準の7倍

2016/11/07 17:49
福島県内の自動車整備工場にある洗車用の汚水浄化槽に汚泥がたまり、一部で国の指定廃棄物基準(1キログラム当たり8千ベクレル超)を7倍上回る最大5万7400ベクレルの放射性物質を検出していたことが5日、業界3団体への取材で分かった。東京電力福島第1原発事故当初に車に付着した物質とみられる。整備工場は県内に約1700カ所あり、「洗車汚泥」は団体側の推計で数千トン。国や東電は事故後5年半にわたって対策を先送り。住宅や公共施設に比べ遅れがちだった産業施設への除染対策が早急に求められる。..

続きを読む

もっと見る