≫ラベルリストをもっと見る

玄海原発蒸気漏れトラブル、九電社長「復旧のめどわからない」

2018/04/02 16:30
先月23日に再稼働した佐賀県の玄海原発3号機で起きた配管から蒸気が漏れ発電を停止したトラブルで、九州電力の瓜生社長は「復旧のめどはわからない」と述べました。 佐賀県玄海町の九州電力・玄海原発3号機では、再稼働から1週間となる先月30日、配管から蒸気が漏れ、直径およそ1センチの穴が見つかりました。 九州電力の瓜生道明社長は2日午前に開かれた入社式で、復旧のめどについて「わからない」と述べました。 「再稼動については6~7年止めているので、何があるか分からないと..

続きを読む

地元町長が再稼働に同意=玄海原発、九電社長に電話で―佐賀

2017/03/07 16:14
九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)について、同町の岸本英雄町長は7日、九電の瓜生道明社長と電話で会談し、再稼働に同意する意向を伝えた。 原子力規制委員会は1月、玄海3、4号機が新規制基準に適合していると判断。2月には町議会が再稼働への賛成の意思を表明しており、町長の表明に注目が集まっていた。今後、再稼働に向けた地元の同意手続きの焦点は県議会と山口祥義知事の判断に移る。 再稼働に向けては、地元の同意手続きのほか、詳細設計などに関する工事計画認可と使用前検査な..

続きを読む

原発免震棟 九電が再考 社長、撤回批判受け

2016/02/20 18:18
九州電力の瓜生道明社長は十九日の記者会見で、川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の事故時の対応拠点となる免震重要棟の新設を撤回し、原子力規制委員会から批判されていることについて「説明不足で混乱を招き、反省している。原点に戻って幅広く検討したい」と述べ、再考する姿勢を示した。 九電は三月末までに免震重要棟を建設するとしていたが、昨年十二月に既存の耐震施設を拡充する方針に転換。規制委から撤回の根拠が不十分との指摘を受けている。 瓜生社長は「規制委の指摘を真摯(し..

続きを読む

もっと見る