≫ラベルリストをもっと見る

5月に低レベル廃棄物青森へ輸送 中部電力、浜岡原発から

2018/03/30 18:06
中部電力は30日、浜岡原発(静岡県御前崎市)で保管している低レベル放射性廃棄物を5月に青森県六ケ所村にある日本原燃の埋設施設に輸送すると発表した。 中部電によると、輸送するのは廃棄物を詰めたドラム缶928本。当初は2017年度中に計1888本を運ぶ予定だったが、埋設施設のクレーンに破損が見つかるなどしたため、日本原燃が受け入れを一時中断。再開後の3月に960本を運んだ。 中部電は、浜岡原発での18年度の新燃料と使用済み核燃料の輸送予定は現時点ではないとしている。 ..

続きを読む

中部電力、家庭用料金引き下げ 最大5%

2016/01/13 16:57
中部電力は12日、4月の電力小売り全面自由化に合わせ、本県を含む中電管内で適用する家庭用の新料金を発表した。現在と比べ最大で5%安くする。中電は富士川以東の東京電力管内でも4月以降、家庭用電力を販売する計画。東電管内向けの料金プランは1月中に発表する。 ■4月の電力自由化に合わせ 東電は既に、富士川以西の中電管内で、現行の中電の料金より3~5%割安となる料金を打ち出している。中電管内では異業種企業も参入予定。 中電の清水成信取締役専務執行役員は「他社と十分に..

続きを読む

静岡「受け入れ可否」示さず 「核のごみ」全国調査

2015/11/29 17:45
高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する全国アンケートで、静岡県は「受け入れの可否」について態度を示さなかった。県原子力安全対策課の担当者は「仮定に基づき、方向性を出すことはできない」とした上で、「国が前面に立って国民理解を得るべき」と指摘する。 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)が立地する本県でも、処分方法の確立は喫緊の課題。国の方針にめどすら付かないままでは、大量の使用済み核燃料が原発敷地内に保管され続けることになる。県担当者は「国は最終処分地の選定過程から説明責任を果..

続きを読む

もっと見る