≫ラベルリストをもっと見る

困窮するシングルマザーにまず住宅を――「家賃どう払う」切実な課題に広がる自治体の支援

2019/03/19 17:52
「この先どうしたらいいんだろうと思ってました。子どもに見られちゃいけないと思って、子どもが眠った後、ダイニングで一人泣いて」――。 離婚後、母子家庭になった40代の女性はそう語った。彼女をひとまず落ち着かせたのは、自治体による家賃補助だった。安心して住める場所がないと暮らしは成り立たないのに、住居費の支出負担はひとり親にとって相当に重い。そうした女性たちに対し、「まずは住む場所を」という動きが各地で広がっている。 4歳の娘と月8万円の暮らし 「ずーっと、目の..

続きを読む

「かなり大変です…」 増えるセルフ給油所、困る障がい者ドライバー

2019/02/13 17:51
自分で給油ができ、価格が安いセルフ式給油所(SS)。全国的に増加傾向にあり、沖縄県内でも2003年度は10カ所だったが、17年度で95カ所と約10倍に増えた。 一方、身体障がい者のドライバーなどにとっては自分で給油するのは難しく、従業員が近くにいない場合は困るケースもあるという。 県内の肢体不自由の身体障害者手帳交付者は16年度で3万人余り。セルフ式SSが広がる一方で、従業員が接客するSSが少なくなっていることに不安の声も上がっている。 人手不足で増加、県内..

続きを読む

はしか感染拡大、妊娠中の女性など注意

2018/05/10 16:22
はしかの感染が拡大していることを受け、日本産婦人科医会は妊娠中の女性などに対し、感染者が多く発生している地域に行くことは極力避けるよう注意を呼びかけました。 はしかは台湾からの旅行者を介して3月下旬以降、沖縄県を中心に感染が拡大し、今年は8日までに全国で119人の感染者が確認されています。 妊娠中に、はしかにかかると重症化し、流産のリスクが増えると報告されていることから、日本産婦人科医会は妊娠中の女性やその家族に注意を呼びかけました。 タイやフィリピン、中国..

続きを読む

中国客も「白タク」利用 沖縄観光、アプリで配車 運転手は県内に100人超

2017/05/14 18:06
台湾人クルーズ客を相手にした白タク行為が沖縄県内で横行する中、中国人客を対象にした「白タク」行為も広がっている。世界各地で事業展開する中国の運転手付き自動車配車サービスアプリを使う手法で、同アプリで手配する運転手は旅客を運送する際に必要な第2種運転免許を持っていない例が多いとみられる。旅客自動車運送事業の許認可を受けないレンタカーや自家用車を使用している。 13日現在、同アプリに登録し、沖縄で操業できる中国人運転手は100人を超える。急増する外国人観光客への多言語対応な..

続きを読む

遺体の引き取り拒む親族…「無縁仏」の9割 市町村が火葬149人 沖縄

2017/04/20 18:40
遺体を引き取る身寄りがいないため、沖縄県内市町村が火葬・埋葬した65歳以上高齢者の死者数が2012年度からの5年間で161人おり、このうち親族が引き取りを拒否したケースは9割超の149人に上ることが沖縄タイムスのアンケートで分かった。「無縁仏」の背景には、生活困窮や生前の介護・財産トラブルなどによる家族関係の希薄化が浮かぶ。性別では男性が71・4%で、女性に比べ男性の無縁化が顕著だった 無縁仏に関するアンケートは今月、全41市町村に実施し19日までに回答がそろった。その..

続きを読む

恫喝は日常茶飯事!? 教員採用依頼疑惑で辞任の安慶田光男沖縄元副知事 「門前払い」受けた職員も

2017/01/26 17:59
沖縄県の安慶田(あげだ)光男・元副知事の働きかけを告発した前教育長が「恫喝(どうかつ)された」と証言したことは安慶田氏の専横ぶりを象徴する。県職員に対する恫喝は日常茶飯事で、辟易(へきえき)した職員は距離を置き、政策も安慶田氏に意のままに操らせる悪循環を招いた。「翁長雄志(おなが・たけし)知事が見て見ぬふりで虎の威を借る狐(きつね)に増長させた」と指摘する幹部もおり、翁長氏の責任も重い。 「また怒鳴られた」。翁長県政の発足から2年余りで、職員からは同じ言葉が何度もつぶや..

続きを読む

もっと見る