≫ラベルリストをもっと見る

伸びる納豆消費 この10年は「西日本の方が伸び高め」

2020/06/30 17:29
納豆の消費が増えている。健康志向が高まり、安くて手軽に栄養がとれる食品として見直されているためだ。新型コロナウイルスの感染拡大で、家庭での食事が多くなったことも一役買っている。 納豆の製造業者でつくる「全国納豆協同組合連合会」によると、2019年の納豆の国内市場は2503億円と過去最高を更新。2000年代は2千億円前後で推移し、東日本大震災が起きた11年には1730億円まで落ち込んだが、その後は右肩上がりが続いている。 その背景には、13年に和食がユネスコ無形文化..

続きを読む

発電機の屋内使用に注意 換気徹底を 世田谷死傷事故受けて厚労省

2019/09/21 17:50
東京都世田谷区のアパート解体現場で10日、作業員2人が死亡、1人が重体となった事故は、階下の発電機から発生した一酸化炭素(CO)が、壁の内部の空洞を伝って作業員がいた部屋に広がったために起きたとみられる。 警視庁成城署の再現実験で判明した。建設現場では同様の事故が後を絶たないうえ、発電機は一般家庭でも使われることから、厚生労働省は注意を呼びかけている。 3人はいずれも技能実習生のベトナム人男性。30歳と23歳の2人が死亡した。午前8時半ごろ、解体中の木造2階建てア..

続きを読む

「僕らの存在すら世の中には知られていない」――見過ごされる“災害障害者”

2019/06/20 17:02
「あのとき死ねばいがったと何度思ったか」「生きているだけ、ましなのか」――。 岩手県山田町の元漁師、大川貞男さん(77)は東日本大震災とその後の日々をそう振り返る。 津波にのまれた際に左肩の腱板を損傷し、身体障害者の認定を受けた。左腕は肩より上に上がらず、力仕事はできない。半世紀も続けた漁業はやめるしかなかった。 近年、多くの自然災害に襲われてきた日本。犠牲者の数や街の被害が注目される一方、災害によって後遺症が残った人々は見過ごされがちだった。十分な支援制度..

続きを読む

さっそく公約実現 医師の新姫路市長・清元氏、姫路城薪能で倒れた演者を救命措置

2019/05/11 17:11
「第70回姫路お城まつり」の開幕を飾る10日夜の「姫路城薪能」で、兵庫県姫路市の清元秀泰市長(55)が、突然倒れた演者の男性に救命措置を施した。医師でもある清元市長は、火入れ式に参加するため舞台袖で待機中に異変に気付いたという。 関係者らによると、男性は出番に向けて舞台裏で準備していて倒れた。清元市長は、火入れ式で祝辞を述べるために近くにおり、市幹部に呼ばれて男性のもとへ駆け付けたという。 清元市長は、和服姿のまま心臓マッサージをした。自動体外式除細動器(AED)..

続きを読む

なお5万2千人避難、人口減にも拍車 東日本大震災8年

2019/03/11 18:20
死者、行方不明者、関連死を含め、2万2131人が犠牲になった東日本大震災から11日で8年になる。 今も約3100人がプレハブ仮設住宅で過ごし、約5万2千人が避難生活を続ける。東京電力福島第一原発事故が起きた福島県では今春、原発立地自治体の避難指示が一部の地域で初めて解除される。 復興庁によると、新たな宅地を造る「高台移転」は93%、災害公営住宅は98%が完成した。住宅再建が進み、最大47万人いた避難者は5万2千人まで減った。 ただ津波被害が甚大だった地域は遅..

続きを読む

<震災8年>一人暮らしになり、カップ麺ばかり…被災地に今も残る「食の砂漠」とは?

2019/03/11 16:51
塩野崎淳子  在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活 東北地方にも春の日差しが降り注ぐ季節になりました。2月18日、私は宮城県気仙沼市の南郷住宅を訪れました。風は冷たかったものの日差しは暖かく、洋服に使い捨てカイロを貼ってきたことを少し後悔しました。南郷住宅は、気仙沼市の災害公営住宅第1号の集合住宅で、「南気仙沼小学校」があった場所に建てられています。 小学校は津波の被害を受け閉校することになりましたが、敷地内には校歌碑、校門などが残されて..

続きを読む

もっと見る