≫ラベルリストをもっと見る

NPOが放射性物質調査 基準超え山菜、ネットで個人売買

2020/06/20 18:38
東京電力福島第1原発事故後の食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える放射性物質を含む山菜が、インターネット上で個人売買されている実態が、福島市のNPO法人「ふくしま30年プロジェクト」の調査で判明した。 国の出荷制限がかかっている地域で採取されたとみられる山菜からは最大で基準の約4倍の値が確認された。 同NPOが4~6月にフリマアプリ「メルカリ」や競売サイト「ヤフオク!」、通販サイト「楽天市場」で福島県を除く東日本の9道県で採取したとされる山菜のコ..

続きを読む

「国内1カ所で処分を」 指定廃棄物で栃木の町長が見解

2019/08/16 17:46
東京電力福島第1原発事故で飛散した放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場候補地を抱える栃木県塩谷町の見形和久町長は16日までに共同通信の取材に応じ、全国の指定廃棄物を「国内1カ所で処分すべき」との見解を改めて示した。 環境省が2014年7月30日に塩谷町の国有林を候補地に選んでから5年。 見形氏は処分場建設に一貫して反対してきた。 指定廃棄物は、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレル超の汚泥や焼却灰で、11都県に残る。 環境省は都県ごとに処..

続きを読む

「河川のセシウム濃度減少」 日本原子力研究開発機構の調査

2019/01/26 18:04
日本原子力研究開発機構は、東京電力福島第1原発事故で汚染された原発近くの河川の放射性セシウム濃度が、放射性物質の量が半分になる半減期の約10倍のペースで減少しているとの調査結果をまとめた。 事故で放出され地上に降り注いだセシウムが時間とともに地中に分散し、河川に流れ込みにくくなった可能性があるという。 機構は、国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えるセシウムを含んだ淡水魚が見つかっている福島県浪江町の請戸川と同県南相馬市の太田川で2015年4月~18..

続きを読む

原発事故で放出 放射性物質、東京湾奥部に集積

2018/06/15 17:43
東京電力福島第1原発事故で放出され、首都圏に降り注いだ放射性物質のセシウムが河川を通じて東京湾奥部に集積し、現在でも汚染が続いているとの長期観測結果を、近畿大の山崎秀夫・元教授らのグループが米科学誌プロスワンに、15日までに発表した 山崎さんは「蓄積した放射性物質が人の健康に悪影響を及ぼす可能性は低いが、放射性物質が集まっている場所でのしゅんせつなどによって汚染を拡散させないような注意が必要だ」としている。 グループは2011年8月から16年7月まで、東京湾と流れ..

続きを読む

広島から麻酔科認定医 福島・広野町の高野病院に新院長

2017/10/04 17:23
東京電力福島第1原発事故後も避難せず、診療を続けた院長が昨年末に死去した福島県広野町の高野病院の新たな院長に、広島県内の病院に勤務していた医師が今月1日就任したことが4日、病院への取材で分かった。 病院によると、新院長は河合義人医師(66)。麻酔科の認定医で、プライマリーケア(初期医療)や認知症サポート、緩和ケアなどに取り組み、地域医療に貢献してきたという。 高野病院では昨年12月、院長の高野英男さん=当時(81)=が火災で死亡。今年4月に就任した院長は9月末に退..

続きを読む

野生キノコ 基準値超え 富士宮、放射性セシウム

2017/09/16 16:52
静岡県は15日、富士山周辺地域で採取した野生キノコ6検体の放射性物質を検査した結果、富士宮市のアンズタケ1検体から食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える130ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。関係機関や事業者に採取や出荷の自粛を要請するとともに、キノコ狩りで食べないよう県民に注意喚起している。 富士宮市の野生キノコは2013年にも基準値超えの放射性物質が検出され、国の原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限が継続中。県は11年の東京電力福島..

続きを読む

もっと見る