≫ラベルリストをもっと見る

東電、被ばく検査で「替え玉」 福島第1原発の作業員、31件

2020/05/26 16:17
東京電力は25日、福島第1原発で内部被ばく線量を調べるホールボディーカウンター(WBC)で、別の作業員が「替え玉」で検査を受けた事例が計31件あったと発表した。 家族の看病や交通事故などを理由に検査を受けられない作業員の代わりに、同僚が検査を受けていた。東電は「重大な問題だ」として、本人確認を徹底し再発防止に努めるとしている。 東電によると、原発内にあるWBCを受けた記録があるのに、同じ日に原発内に入った記録がない作業員が見つかった。2016年4月~20年2月を対..

続きを読む

福島廃炉に外国人労働者 東電「特定技能」受け入れへ

2019/04/18 16:24
4月から始まった新しい在留資格「特定技能」の外国人労働者について、東京電力が、廃炉作業の続く福島第一原発などの現場作業に受け入れることを決めたことが分かった。3月28日の会議で、元請けなど数十社に周知した。 想定される「特定技能」の送り出し国 東電などによると、ゼネコンなど協力会社数十社を対象とした会議「安全衛生推進協議会」で、特定技能の労働者の原発への受け入れについて説明。 「建設」「産業機械製造業」「電気・電子情報関連産業」「自動車整備」「ビルクリーニン..

続きを読む

「危険性ない」と公表せず 東電、次世代電力計で発熱16件

2018/11/18 18:52
東京電力が家庭などに設置している次世代電力計「スマートメーター」で、部品の一部が発熱する不具合が16件発生していたことが18日、分かった。消費者庁は火災事故としているが、東電は「燃えにくい素材が使用され、火が出て建物に燃え移る危険性はない」(広報)として公表していなかった。 東電によると、2016年9月からの1年間で、電力が計測できなくなる不具合が東電管内で16件起きた。メーターを調べると、内部の基板の一部が発熱によって変色していたという。 不具合があったメーター..

続きを読む

タンクの大半で基準値超過、福島 汚染水処理後の放射性物質

2018/09/29 17:23
東京電力は28日、福島第1原発の汚染水を浄化した後にタンクで保管している水のうち、約8割に当たる75万トンで、トリチウム以外の放射性物質の濃度が排水の法令基準値を超過しているとの調査結果を明らかにした。今後、海洋放出など処分をする場合には、多核種除去設備(ALPS)などで再浄化する方針を表明した。 10月1日に開かれる処分方法を検討する政府の小委員会で報告する。 東電は第1原発で発生した汚染水をALPSで処理するがトリチウムは除去できず、タンクにため続けている。 ..

続きを読む

セブン、電力購入見直しでコスト削減=年数十億円、関電などから域外調達

2018/04/26 17:03
セブン―イレブン・ジャパンは26日、中国・四国地方と中部地方にある系列コンビニエンスストアのほとんど(約3150店舗)で電力調達先を地元の大手電力などから域外の関西電力に切り替えるなど、電力購入を全国的に見直すことを明らかにした。国の規制緩和で従来の地域枠を超えた電力の販売競争が広がる中、セブンは調達先の見直しでコストの低減を図る。 中・四国の系列コンビニ店では、既に3月から関電の電力購入に切り替えており、東京電力ホールディングス系の電力を使っている中部地方でも5月から..

続きを読む

関電保管の使用済み核燃料、青森・むつ市に中間貯蔵検討

2018/01/07 17:29
関西電力が福井県に持つ3カ所の自社原発で保管している使用済み核燃料を、東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が青森県むつ市に建設した一時保管のための「中間貯蔵施設」に移す方向で検討していることが6日わかった。福井県から県外へ移すよう迫られており、関電の岩根茂樹社長は2018年中に搬出先を示すとしていた。 関係者によると、関電はほかの地点も検討しているが、すでに施設があるむつ市が有力とみられる。いずれも搬出先となる自治体の同意が必要で、実現には難航することも予想..

続きを読む

もっと見る