≫ラベルリストをもっと見る

夏にも必要「猫バンバン」 ボンネット内の巻き込み事故 ドライバーに思わぬ負担も

2019/07/19 17:20
通勤途中の車内。どこからか「にゃー、にゃー」という鳴き声が聞こえた直後、バタバタッと物音がして慌てて車を停めた。まさかー。 高知市大津の男性会社員(39)がJAF(日本自動車連盟)に連絡を取り、駆けつけた隊員がボンネットを開けて調べると、1匹の子猫が息絶えていた。 車体下からエンジンルームやタイヤの間に猫が入り込んで命を落とす事故が後を絶たない。 JAFによると、今年1月の1ヶ月間に全国で25件の救護依頼を受けている。エンジンルームの下はところどころ空洞にな..

続きを読む

「日産流」の改革加速=国内の信頼回復遠く-燃費不正から1年・三菱自〔深層探訪〕

2017/04/22 16:30
三菱自動車の燃費不正問題が発覚してから、20日で丸1年。問題をきっかけに存続の危機に陥った三菱自は昨年10月、日産自動車と資本、業務両面での提携に踏み切り、日産傘下で再建を目指している。しかし、過去の2度のリコール(回収・無償修理)隠しに続く3度目の不正で打撃を受けたブランドの信頼回復は遠く、国内新車販売は低迷を続けている。 ◇ 組織見直し先行 三菱自は昨年4月20日、軽自動車4車種の燃費データの測定で不正があったとし、対象車種の生産・販売の停止を発表した。5月に..

続きを読む

<三菱自>信用失墜さらに 燃費値訂正

2016/08/31 08:46
国土交通省からの指摘を受けて30日、軽自動車より大きな普通車でもカタログ燃費の訂正に追い込まれた三菱自動車。問題をできるだけ小さく見せようという企業姿勢が改めて露呈した形で、業績やブランドイメージへの打撃は避けられない。 「国交省から社内試験の(燃費性能の基礎データとなる)走行抵抗の算出方法が不正であるとの指摘を受けた。真摯(しんし)に受け止め、新燃費値を申請することにした」。益子修会長兼社長は東京都内で開いた記者会見で、神妙な面持ちで述べた。 三菱自が同日燃費値..

続きを読む

仕事がない!三菱自“城下町”残酷物語 「われわれも被害者」中小下請けからは悲痛な叫び

2016/05/21 08:52
三菱自動車の燃費データ不正問題を受け、下請けや関連企業があえいでいる。岡山県倉敷市の三菱自の主力工場・水島製作所では軽自動車の生産ラインが停止し、従業員の一部は自宅待機が続き、関連企業の受注もストップしている。「三菱自と同罪だと言われると、本当に立場がない。こちらは被害者のはず」と自動車部品会社社長。大企業の不祥事に翻弄される中小企業、関連企業の悲痛な声が聞こえてくる。 「乗用車関係も含めて現在はすべての発注が止まった」と、地元のエンジン関連部品メーカーの関係者。岡山労..

続きを読む

日産販売店が「補償」…偽装車から変更で値引き

2016/05/08 16:32
三菱自動車の燃費偽装問題に関連し、軽自動車の供給を受けていた日産自動車の一部の系列販売店が、顧客に対して事実上の補償を始めたことがわかった。 偽装が判明した軽の購入を客がキャンセルし、別の日産車を購入する際、10万円程度を値引きするなどの対応を取り、客のつなぎ留めを図る。 三菱自が燃費偽装をしていたのは計4車種で、日産向けの「デイズ」と「デイズルークス」の2車種も含まれる。偽装が発覚した4月20日以降、生産・販売が停止され、日産の系列販売店でもキャンセルが相次いで..

続きを読む

三菱自不正 4月の軽販売は45%減 供給先の日産は51%減と上回る影響

2016/05/03 09:12
三菱自動車の4月の軽自動車販売は、燃費データ不正問題を発表した4月20日から主力軽「eK」シリーズを販売停止したことが響き、前年同月比44・9%減の1477台に落ち込んだ。三菱自から軽の供給を受ける日産自動車も「デイズ」の販売停止で、51・2%減の5574台となった。 全国軽自動車協会連合会が2日発表した。三菱自は不正対象の軽の燃費試験をやり直して販売を再開したい考えだが、国土交通省の認証手続きなどで販売停止が長引く恐れもある。 http://head..

続きを読む

もっと見る