≫ラベルリストをもっと見る

犬・猫から感染症、死亡 国内初 福岡の60代女性

2018/01/15 16:49
犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、情報提供を行った。 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染することで起きる。のどの痛みやせきなど風邪の症状が出て、重症化すると呼吸困難などで死亡することもある。人から人にうつることはほと..

続きを読む

狂犬病ワクチン、「格安」広がる 獣医師会は反発、なぜ

2017/08/16 18:15
飼い犬への年1回の接種が義務づけられている狂犬病ワクチンをめぐって、獣医師がもめている。自治体からの委託で集団接種をしている獣医師会の設定料金に対して、獣医師会に所属しない獣医師が格安で実施。愛犬家にはうれしいことだが、獣医師会は「国民の健康を守るワクチンなのに、このままでは接種率が下がってしまう」と反発する。いったい何が起きているのか。 本間獣医科医院(本院・静岡県磐田市)は今年、ホームセンターなど21都府県の305カ所で狂犬病のワクチン接種を行った。料金は1回2千円..

続きを読む

被災者のペット、一時預かります 獣医師会など

2016/04/23 18:19
環境省は22日、熊本県で地震に見舞われた被災者から犬や猫などのペットを無料で一時預かりする支援を、23日から始めると明らかにした。「ペットが心配で避難所に入れない」「いったん預けて落ち着きたい」といった声が県などに多く寄せられたためで、県獣医師会が主体となり環境省が支援する。同省によると、災害時に獣医師会がこうした支援をするのは初めてという。 獣医師らが熊本市役所などで飼い主の相談に乗り、最寄りの動物病院を紹介。避難生活が落ち着くまでペットの面倒を見る。日本獣医師会は全..

続きを読む

ペットを探し出す機械県に寄付

2016/02/19 18:36
災害時などに迷子になったペットをマイクロチップの情報をもとに飼い主を捜し出すことができる機械が、県に寄付されました。 この機械は日本獣医師会が東日本大震災の義援金のうち、およそ150万円を使って購入し18日県に寄付されました。 この機械はマイクロチップを埋め込んだペットを通すと、登録されている飼い主の情報と照合することができます。 県などによりますと、東日本大震災では、飼い主と離ればなれになるペットが多かったため、県内でもこうしたマイクロチップを使う飼い主が..

続きを読む

もっと見る