≫ラベルリストをもっと見る

基礎からわかる幼児教育・保育の無償化

2019/10/10 00:03
幼児教育・保育の無償化が10月にスタートした。 消費税率の10%への引き上げで増える税収を活用し、子育て世帯の経済的な負担を軽減する。対象になる子ども、施設やサービスの範囲、必要な手続きなど、ポイントや注意点を整理する。 無償化の対象や範囲は、子どもの年齢や、子どもが通っている施設の種類などによって異なっている。 大前提として、3~5歳児は全員が無償化の対象になるが、0~2歳児は所得の少ない住民税非課税世帯に限られている。 非課税世帯の基準は、地域や家..

続きを読む

給食費アップ、食材は軽減税率なのに 広がる波紋

2019/10/03 16:51
消費税率の引き上げと同じ今月から学校給食費を値上げした自治体の対応が、波紋を呼んでいる。 消費税増税に伴う給食費の改定は過去にもあったが、今回は飲食料品に軽減税率が適用されており、「増税に伴う値上げはそぐわない」とみる専門家も。一方で、給食費の無償化に取り組む自治体もあり、地域によって保護者負担の格差が広がっている。 ■堺市では360円増 堺市では、10月から市立小学校の給食費を360円値上げし、月額4410〜4590円とした。 同市に住むパートの白石..

続きを読む

外国人の子ども、2万人不就学か 半分は自治体把握せず

2019/09/27 18:49
日本に住む外国人の小中学生にあたる子ども約12万4千人のうち、約2万人が就学していない可能性があることが27日、文部科学省が初めて実施した全国調査でわかった。 同省はまた、小中高校などに通っている日本語指導が必要な子が過去最多の約5万人に達したことも公表した。 政府の外国人材の受け入れ拡大に伴い、今後も外国人の子は増える見通しで、教育機会の確保が課題となっている。 外国人の場合、日本の義務教育の対象にはならない。 保護者が子どもを小中学校に就学させる法..

続きを読む

昭和以来の「普通科」見直し=特色重視で細分化-高校抜本改革が始動

2019/05/06 17:05
進学率が約99%とほぼ「全入」の高校。 その教育内容や制度の抜本見直しが本格的に始まる。最大の焦点は、戦後新制高校が発足して以来手付かずだった「普通科」の改革。生徒がより目的意識を持って学べるよう「理数重視」や「地域人材育成」など学校の特色に応じた細分化が進む見込みだ。 高校には普通科と、農業や工業など専門教育を行う専門学科がある。1994年には普通教育と専門教育から幅広く選べる総合学科も創設。現在は約7割の生徒が普通科に在籍している。 今の高校教育について..

続きを読む

オリーブオイルは3位…体にいい油“圧倒的トップ2”って?

2019/04/24 18:51
スーパーに並ぶ大量の油から、体にいいものを選びたい。でもラベルに書いてあるのはどれもこれも バラ色のうたい文句ばかり……。大丈夫。このランキングを見れば、迷う必要は無い。 危険な油は避けたいが、油と無縁の食生活を送ることは難しい。 調理油からドレッシング、パンに塗るバターまで食事に油は欠かせない。厚生労働省のウェブサイトにある「健康用語辞典」によれば、油は人間が生きていくうえで必要な三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)の一つだ。 しかしどの油を選べばいい..

続きを読む

生涯2人に1人、日本の「がん患者」なぜ増える? カギは喫煙と○○、米国との差は

2019/03/15 20:11
厚生労働省は1月、2016年に99万人が新たにがんの診断を受けたと発表しました。がんになる人は増え続け、日本人は生涯に2人に1人がかかる計算です。一方、米国では新たにがんになる人が減少に転じています。日米でどうして違いが生じているのでしょうか。 世界保健機関(WHO)のデータで基準をそろえて比較すると、10万人あたりの新規患者数は、日本は10年に266人と00年に比べて15%増えました。 一方、米国は303人と同7%減っています。がんにかかる割合は日本の方が低いと..

続きを読む

もっと見る