≫ラベルリストをもっと見る

65歳以上、最高28・4% 高齢化進行、世界で突出

2019/09/15 17:56
総務省が15日発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者は同日時点で前年より32万人多い3588万人、総人口に占める割合は0・3ポイント増の28・4%と、いずれも過去最高を更新した。 16日の敬老の日を前に集計した。 2018年に仕事に就いていた65歳以上は最多の862万人。就業者全体の12・9%で、空前の人手不足を支える重要な戦力になっている。 世界的にみると、65歳以上の割合は2位のイタリア(23・0%)、3位のポルトガル(22・4%)を引き離し、突出..

続きを読む

高齢者の自宅転倒・転落が多発 敬老の日前に注意喚起、消費者庁

2018/09/13 18:16
消費者庁は12日、高齢者の転倒や転落事故が後を絶たず、多くは自宅で起きているとして、敬老の日を前に注意を呼び掛けた。「生活環境に危険な場所がないかを確かめ、原因になり得る所を減らす工夫が必要」と促している。体の衰えに伴う事故の恐れもあり、体の状態を正しく把握する重要性も指摘している。 東京消防庁の統計を分析した。2016年に東京都内で救急搬送された高齢者7万2198人のうち、原因別では「転ぶ、落ちる」が5万8351人で約8割を占めた。 発生場所別では自宅や介護施設..

続きを読む

長寿時代「お祝い」見直し 静岡県内自治体、膨らむ費用

2017/09/17 16:39
18日は高齢者の長寿を祝う「敬老の日」。「人生100年時代」とも言われる中、全国トップクラスの健康寿命を誇る本県では、10年前に936人だった100歳以上の高齢者が現在、約2000人に上る。寿命延長を背景に敬老費用が膨らむ県内各市町は、祝い金や記念品の廃止、対象年齢の引き上げなど敬老事業の見直しを迫られている。 静岡市では本年度、敬老会開催費の補助の対象年齢を79歳以上に引き上げた。77歳以上としていた対象者を昨年度から段階的に見直し、2018年度には80歳以上に据える..

続きを読む

100歳以上、最多6.7万人=9割女性、島根が長寿1位

2017/09/15 16:53
100歳以上の高齢者が15日時点で6万7824人に上り、47年連続で最多を更新したことが15日、分かった。 厚生労働省が住民基本台帳を基に集計し、敬老の日を前に公表した。女性が88%を占め、昨年の同じ時期と比べ2102人増加。男性も30人増えた。 100歳以上の人数は統計を取り始めた1963年に153人だったのが、98年に1万人を突破。2007年に3万人台に達し、この10年間で倍増した。 人口10万人当たりの100歳以上の人は53.43人。都道府県別で島根が..

続きを読む

民間に広がる「シニア割引」 自治体は祝い金縮小

2016/09/20 08:37
きょう19日は「敬老の日」。健康寿命が延び、定年退職後もスポーツや習い事などで積極的に活動するお年寄り「アクティブシニア」が増えている。自治体が高齢者に贈る「敬老祝い金」が縮小傾向にある一方で、元気なお年寄り向けに、民間ではさまざまな「シニア割引」が広がる。 神戸市中央区のフィットネス施設「スパーゴなぎさ」。平日朝、50人ほどのお年寄りがトレーニングマシンに並んで汗を流す。全会員の半数近い約500人が65歳以上。午後4時までの限定で割安になる「シルバー会員」の登録者も多..

続きを読む

80歳以上、初の1000万人台=人口の7.9%に―総務省推計

2015/09/21 08:46
「敬老の日」を前に総務省は20日、総務省の推計人口を発表した。 それによると、15日時点の65歳以上の人口は、3384万人(総人口に占める割合26.7%)で過去最多を更新した。また、80歳以上は前年比38万人増の1002万人(同7.9%)で、初めて1000万人を超えた。 65歳以上は前年より89万人増えた。男性は1462万人で男性全体の23.7%、女性は1921万人で女性全体の29.5%を占めた。 高齢者の生活実態調査を見ると、2014年の65歳以上の就業者..

続きを読む

もっと見る