≫ラベルリストをもっと見る

VW幹部30人が不正把握か ドイツ有力誌シュピーゲル

2015/10/15 08:43
ドイツ有力誌シュピーゲル(電子版)は14日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題で、少なくとも30人の幹部社員が不正を把握していたと報じた。VWが進める社内調査に詳しい内部の関係者の話としている。 ミュラー会長はドイツ紙のインタビューで「少数の社員が関与していただけだ」と述べていたが、報道が事実とすれば、不正が組織的に行われた可能性が強まる。 VWは違法ソフトウエアを使い、試験時だけ排ガス浄化機能をフル稼働させて排ガス規制を逃れていた。 ..

続きを読む

ドイツ政府、11年にVW不正を認識か 環境団体が指摘

2015/10/08 16:53
ドイツ紙ウェルト(電子版)は七日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を不正に逃れていた問題で、ドイツ運輸省が二〇一一年に不正を認識していた可能性があると報じた。環境団体「ドイツ環境支援」の情報として伝えた。運輸省は「VWによるディーゼルエンジン車の不正が明らかになるまで問題を把握していなかった」と否定している。 同団体の議事録によると、運輸省当局者が一一年二月の団体関係者との面会で、自動車業界の排ガス規制逃れは「省内で認識されている」と語った。 同団..

続きを読む

罰金2兆円超、ブランド価値も失墜…VWが支払う高い代償

2015/10/04 09:03
米環境保護局(EPA)は18日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制逃れのために一部ディーゼルエンジン車に違法ソフトウエアを搭載していたと告発した。EPAはVWが意図的に規制当局を欺こうとしていたとみており、2兆円以上の罰金を科される可能性も。VWの最高経営責任者(CEO)、マルティン・ウィンターコルン氏(68)は経営責任を問われて辞任に追い込まれた。今回のEPAの告発は米国の非営利団体(NPO)がVWの環境性能の高さを証明しようとして始めた調査がきっかけだ。売..

続きを読む

【VW排ガス不正問題】堀場製作所の計測装置、発覚に一役

2015/10/03 11:21
ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を不正に逃れていた問題で、不正発覚の契機となった米大学によるVW車の排ガス測定に堀場製作所(京都市)の計測装置が使われていたことが2日分かった。米通信社ブルームバーグが報じた。 堀場が手掛ける小型計測装置は自動車の荷室に載せられ、実際の運転時の排ガスを測定できる。その利便性が不正を暴くのに一役買った格好だ。VWの不正を受け規制当局が排ガス検査を厳格化する動きがある中、需要が伸びる公算が大きい。 不正発覚後、東京..

続きを読む

もっと見る