≫ラベルリストをもっと見る

郵便の土曜配達廃止に賛否、「利用者のわがまま」か「独占企業の義務」か

2019/08/16 16:28
みなさんは普段、手紙やはがきを出しますか?  メールやSNSなど、インターネット上で素早くやり取りができるサービスが普及して、以前より郵便の利用頻度が少なくなったという方も多いのではないでしょうか。 こうした環境の変化などを受けて、来年にも郵便の土曜配達が廃止されることになりました。 手紙やはがきの土曜配達が廃止へ 現行の郵便法では、郵便物の配達頻度が「週6日以上」、郵便物の投函から配達までの期限が「3日以内」と定められています。 しかし日本郵便は..

続きを読む

しっぺい、年賀状「うれしいワン」 磐田に国内外から673通

2019/01/16 17:46
 磐田市イメージキャラクター「しっぺい」に国内外から年賀状が届き、15日までに673通に達した。  静岡県内だけでなく、北海道から沖縄まで45都道府県、台湾からも届いた。  年賀状にはしっぺいと今年のえとのイノシシを一緒に描いた手書きイラストなどとともに「いつも応援しているよ」「今年は磐田市に遊びに行くね」などの激励の言葉が添えられた。  15日までに届いた年賀状の返信は全て送付済み。673通のうち299通は20日から31日まで、同市のららぽーと磐田内の市..

続きを読む

平成とともに「年賀状じまい」 終活背景、人付き合いもスリムに

2018/12/24 16:13
「平成最後となる本年をもちまして、年始のごあいさつを失礼させていただきます」-。来年の新天皇即位で元号が変わるのに合わせ、長年続けてきた年賀状のやりとりをやめる「年賀状じまい」をする高齢者が増えている。人生の終盤に向けて準備する「終活」が広まる中、次の時代は人付き合いもスリムにしたいとの思いがあるようだ。 「もう潮時やね」と話すのは、神戸市西区の元教員の男性(78)。2019年の年賀状で「これで最後」と伝え、20年からはごく親しい人に絞って出すことにしたという。 ..

続きを読む

しっぺいに全国から年賀状 過去最多1584通

2017/01/18 17:38
磐田市のイメージキャラクター「しっぺい」に全国各地から、過去最多の1584通の年賀状が届いた。2016年の633通から倍以上に増え、市商工観光課は「しっぺいの知名度が全国に広がりつつある」と喜ぶ。 全国42都道府県と幅広く、最多の県内以外では、愛知県や関東、近畿からが目立った。「今年も頑張って」「いつも元気をもらっています」と激励や感謝を記した文面が多く、16年に出場を見送ったゆるキャラグランプリへの出場を期待する意見もあった。 年賀状の返事は全て送付済み。えとの..

続きを読む

「お歳暮」贈ってますか? 恒例行事はなぜ消えていくのか

2016/11/18 17:43
11月も中旬を過ぎ、街ではクリスマスデコレーションが多くなり、一気に年末モードが加速しています。年末が近づくと何かと忙しくなります。年内に片づけなければならないことは山ほどあるからです。 仕事はもちろんのこと(12月が決算期の会社も多いようです)、忘年会も結構あり、年賀状も書かなくては…とお考えの方も多いでしょう。年末は、こうした様々なイベントで出費もかさむ時期です。 一昔前まで、年末が近づくと恒例行事だったのが「お歳暮」の贈呈です。昔、具体的には30年くらいまで..

続きを読む

年賀状に家康くんと直虎ちゃん 静岡県西部のコンビニで販売

2016/11/17 16:20
コンビニエンスストア「ローソン」は、浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」と「出世法師直虎ちゃん」を印刷した年賀状を、浜松市など静岡県西部の約60店舗で販売している。 絵柄は浜松城の写真を背景にするなどした2種類で、計約1万枚を用意した。5枚1セットで500円。 ローソンと浜松西郵便局の静岡西部営業統括本部がタイアップして製作した。昨年初めて取り扱い、好評だったため再び企画した。 問い合わせはローソン愛知・静岡運営部静岡西支店<電054(289)..

続きを読む

もっと見る