≫ラベルリストをもっと見る

宿泊税「高い」とアジア客、ゲストハウスが“自腹”負担 宿激増で価格競争厳しく、京都

2019/02/23 17:09
京都市内の宿泊施設利用者に課税する「宿泊税」が昨年10月に始まったのを受け、市内の簡易宿所経営者らでつくる団体が経営者や観光客に行ったアンケートの結果をまとめた。 「お宿バブル」でゲストハウスやホステルなどの簡易宿所が急増。価格競争が激化する中で、約4割の事業者が値上げを避けるため、宿泊税分を実質的に自己負担していることが分かった。7割超の事業者は経営の悪化を訴えた。 京都簡易宿所連盟が昨年12月~今年1月に実施した。連盟会員の経営者50人と会員らの簡易宿所を利用..

続きを読む

宿泊税、民泊への指導が課題 京都市、18年度導入へ

2017/08/08 16:56
観光客の増加によって生じている課題を解決するため、京都市が2018年度から、新たな財源として「宿泊税」を導入する見通しとなった。市の有識者委員会が7日出した答申で制度創設を提言し、門川大作市長が9月市議会に条例案を提案する考えを示した。市民の暮らしと観光振興の両面から、効果的な制度を確立できるかが問われる。 答申では、旅館やホテルだけでなく、住宅を使う「民泊」も含めた全ての宿泊施設の利用者に負担を求め、宿泊料金が高額になるほど税額が高くなる方式を提言した。税額は明示して..

続きを読む

宿泊税、来年1月導入=1泊最大300円―大阪府

2016/01/16 08:42
大阪府は15日、府内で営業するホテルや旅館の宿泊客に課税する「宿泊税」を来年1月に導入する方針を決めた。 宿泊料金に応じて、1人1泊100円から300円まで3段階の課税区分を設定。年間約10億円の税収を見込み、観光振興のための経費に充てる。 課税額は、1人1泊当たりの宿泊料金が1万円以上1万5000円未満で100円、1万5000円以上2万円未満で200円、2万円以上で300円とした。「民泊」は課税対象外とする。府は関係条例案を2月議会に提出するなど、導入に向けた手..

続きを読む

もっと見る