≫ラベルリストをもっと見る

「子ども食堂」全国に300カ所 開設急増、半数が無料

2016/07/02 11:17
地域の子どもに無料か安価で食事を提供する「子ども食堂」や同様の取り組みをする場所が、5月末時点で少なくとも全国に319カ所あることが朝日新聞社の調査でわかった。子どもの貧困への関心が高まり、今年に入って開設が急増。6月以降の開設も相次いでおり、今後さらに増える見通しだ。 全国の子ども食堂を把握する組織はなく、各地の子ども食堂のネットワークや子どもの居場所づくりに取り組む団体などの情報をもとに、朝日新聞が1カ所ずつ聞き取った。困窮家庭の学習支援の場や、夜を独りで過ごすこと..

続きを読む

子ども食堂だけでは足らない 子どもの貧困対策

2016/03/21 09:14
子どもの貧困が大きな問題となっている。子どもの6人に1人が相対的に貧困状態にあること。ひとり親家庭の貧困率は50%を超えていること。子どもの貧困は見えづらいものであること。 しかし、食に困るような深刻な貧困の子どもたち、親が忙しすぎてひとりでご飯を食べているような子どもたちがいること。 などが報道され、問題となっている。 この、子どもの貧困をなくすために、いったい何ができるのだろうか。現在、「子ども食堂」を各地でつくろうというムーブメントが盛んだ。 ..

続きを読む

<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上 

2016/02/18 10:19
少子化で子どもの数が減少しているにもかかわらず、生活保護費以下の収入で暮らす子育て世帯が過去20年で倍増したことが、山形大の戸室健作准教授の研究で分かった。戸室氏は都道府県別の「子どもの貧困率」も初めて明らかにした。39都道府県で子育て世帯の10%以上が貧困状態にあり、子どもの貧困が全国的に深刻化していることが浮き彫りになった。 戸室氏は、総務省が国民の就業実態を調べるため、5年ごとに実施する「就業構造基本調査」のデータなどを分析。生活保護費の受給対象となる最低生活費以..

続きを読む

もっと見る