≫ラベルリストをもっと見る

特養待機者の実態「まず調べたい」「株式会社参入ありきではない」 規制改革推進会議・大田弘子議長

2016/11/19 17:11
政府の規制改革推進会議の大田弘子議長(政策研究大学院大学教授)は18日までに産経新聞のインタビューに応じ、特別養護老人ホーム(特養)の入所待機者の実態把握に乗り出す考えを明らかにした。同会議は特養の施設不足解決を念頭に、特養の運営主体の「多様化」を改革の重点事項に掲げている。ただ、株式会社の参入には自民党の反発が強く、大田議長はまず実態把握から進めて規制緩和が必要か検討し、株式会社参入ありきの議論はしないとクギを刺した格好だ。 特養の運営は現在、社会福祉法人などに限定さ..

続きを読む

もっと見る