≫ラベルリストをもっと見る

国内初、カフェイン中毒死 エナジードリンク日常的に大量摂取か

2015/12/22 09:40
「エナジードリンク」と呼ばれる飲料を日常的に飲んでいた九州地方の20代男性が昨年、カフェイン中毒により死亡していたことが21日、分かった。常用での中毒による死亡報告例は国内初とみられる。深夜帯の勤務だった男性は眠気覚ましで毎日のように多用しており、この飲料は短時間に約20本飲むとカフェインの致死量に達するという。 眠気覚ましや疲労回復効果で近年人気のエナジードリンクだが、注意が必要な事態が起きた。 男性の解剖を警察の依頼で担当した福岡大法医学教室の久保真一教授によ..

続きを読む

<多発性硬化症>腸内細菌の数に偏り 国立精神・神経医療研

2015/09/27 10:47
視力低下などが起きる中枢神経の難病「多発性硬化症」の患者は、健常者に比べて特定の腸内細菌の数に偏りがあるとの研究結果を、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)の山村隆・免疫研究部長らの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。チームは「食生活の欧米化などによる腸内細菌の異常が、発症の原因につながっている可能性がある」としている。 多発性硬化症は、医療費補助対象の指定難病。免疫機能に異常が生じて脳や脊髄(せきずい)、視神経といった中枢神経に炎症が起こり、視力低下や..

続きを読む

特定の細菌減少で発症か 多発性硬化症の腸内環境

2015/09/16 19:09
神経細胞が傷つき、手足のしびれや視力の低下などが起きる難病「多発性硬化症(MS)」の患者では、特定の種類の腸内細菌が健康な人よりも少ないとする研究結果を、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)などのチームが14日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。チームによると、MSが腸内細菌の異常と関係があることを示したのは世界初という。 MSは近年増加しており、食生活の欧米化で腸内細菌のバランスが崩れて発症する「生活習慣病」の可能性がある。同センターの山村隆教授は「..

続きを読む

もっと見る