≫ラベルリストをもっと見る

死後は気楽に眠りたい? 配偶者と別の墓に入るという選択肢

2018/12/21 17:47
生前は夫に振り回され、義親らとの人間関係に悩まされ続けてきた結果、「子供のことを考えて離婚という選択はできなかったが、せめてお墓だけは夫(もしくは義親)とは別に」と強く願う妻たちが増えている。つまり、あの世では別々に、というわけだ。 今年9月に『リビングくらしHOW研究所』が全国の女性947人に行ったWebアンケート調査では、「自分のお墓について、いろいろな条件が許せば、どのようなお墓に入りたいか」という問いに対して、夫と2人で入る「夫婦墓」を選んだのはわずか21.9%..

続きを読む

田中陽希さん、三百名山に挑む 元日出発、「集大成への挑戦」

2017/12/16 18:05
アドベンチャーレーサーの田中陽希さん(34)が16日、東京都内で記者会見し、来年1月1日から、人力のみで移動しながら日本三百名山に連続して登るプロジェクトに挑むと発表した。過去に、100山ずつをこなして二百名山を登ったが、今回は三百名山を通しての行程となる。「これまでの集大成への挑戦」と位置づけた。 鹿児島県屋久島をスタートし、北海道利尻島がゴール。移動総距離は1万キロを超え、1年3カ月~1年半かけて実行する。佐渡海峡や津軽海峡などはカヤックで渡る。「日本の四季を全身全..

続きを読む

「あぐり窪川」好調で過去2番目の売上高 高知県四万十町

2017/07/04 17:28
高知県高岡郡四万十町平串の道の駅「あぐり窪川」などを運営する株式会社「あぐり窪川」(森武士社長)は7月3日までに、2016年度の決算をまとめた。「ホテル松葉川温泉」を含めたあぐり窪川全体の売上高は、約4億7690万円(2015年度比6・5%増)、経常利益は約2634万円(2015年度比79・3%増)。主力商品の豚まんを軸にした外販が好調で、過去2番目の売上高となった。4~12月に開催された「奥四万十博」の効果もあり、道の駅の集客も3年ぶりに40万人台を回復した。 あぐり..

続きを読む

“カッパがうようよ”電車が人気「沿線は美人が多いけん」 四国・予土線

2016/07/08 11:28
JR宇和島駅(愛媛県宇和島市)と窪川駅(高知県四万十町)を結ぶJR予土線に3日から通常運行を開始した観光列車「かっぱうようよ号」が人気を集めている。 沿線の観光施設「海洋堂ホビー館四万十」と「かっぱ館」(高知県四万十町)を運営するフィギュアメーカーの海洋堂(大阪府門真市)が、平成23年に運転を開始した「海洋堂ホビートレイン」を3年ぶりにリニューアル。清流、四万十川を楽しむカッパをイメージして製作した。 車体は緑と赤の外装に、泳ぐカッパをあしらったデザイン。車内には..

続きを読む

500匹ゆうゆう 四万十川 鯉のぼりの川渡し

2016/04/24 18:52
高知県四万十町十(とう)川(かわ)で、こいのぼり約500匹が四万十川の川面を渡る薫風を受け、元気よく泳いでいる。こいのぼりの川渡しは5月21日頃まで。 川渡しは地元の十川体育会(松元昭夫会長)らが約40年前に始め、川渡しの元祖という。四万十川の両岸を渡すため、太さ10ミリ、長さ650メートルのワイヤを2本張り、全国から寄付で集まったこいのぼりを約500匹泳がせている。 最近は同様の川渡し行事が全国に広がり、寄付が年間30~50匹に減ったという。松元さんは「こいのぼ..

続きを読む

もっと見る