≫ラベルリストをもっと見る

焦げはがん発症に関係がある?

2016/07/13 18:24
肉や魚、トーストなど香ばしい焦げ目は、おいしさが増す要素でしょう。その一方で、黒く焦げた部分を食べるとがんになるという話はよく耳にします。焦げは本当にがん発症と関わりがあるのでしょうか。 ◆私たちが口にする食品の中には、自然なものであっても過剰に摂取すると健康を害するものがあります。アクリルアミドもその一つ。炭水化物などに含まれるアミノ酸のアスパラギンが、ブドウ糖・果糖といった糖類と一緒に120℃以上の高温で加熱されると化学反応を起こし、その過程で発生します。 ◆..

続きを読む

都市部で増加する大腸憩室症(憩室炎)って?

2016/05/21 17:48
大腸憩室(だいちょうけいしつ)という言葉を聞いたことはあるでしょうか。大腸の一部が膨らんだもので、特に高齢者に増えています。憩室が炎症を起こすと便秘や下痢などの症状のほか、排便障害や大量出血を招くこともあり注意が必要です。 ◆大腸憩室とは、腸壁の弱い部分から腸壁そのものや腸粘膜が外側に飛び出し、袋状に膨らんだものです。大腸憩室が存在するだけの状態は「大腸憩室症」と呼ばれ、多くは症状がなく、治療の必要もありません。しかし、憩室が炎症を起こすと「大腸憩室炎」となり、さまざま..

続きを読む

知ってた?危険因子の世界トップは高血圧

2016/01/29 11:42
長生きするとともに、できるだけ元気なからだで過ごしたい。健康寿命の大切さが注目されていますが、それを実現するカギを握っているのが血圧です。年に1度の健康診断の測定だけですませていませんか。気づかないうちに血圧が高くなっているかもしれません。 米・IHMEの国際共同研究グループによるGlobal Burden of Disease(GBD)研究の解析の結果、2013年の世界188か国における死亡と早死や疾患、障害によって失われた年数を示す障害調整生存年の最大の危険因子が、..

続きを読む

もっと見る