≫ラベルリストをもっと見る

プーチン大統領   北方領土「一つとして売らない

2016/05/21 19:37
ロシアのプーチン大統領は20日、北方領土問題に関連して「一つとして(島は日本に)売らない」と述べた。また、領土問題と経済などの問題は「関連づけることはしない」とも発言した。日本側が進めようとしている日露の経済関係強化策と領土交渉の連携を切り離す考えを明確にした形だ。露南部ソチでの記者会見で語った。 プーチン氏は会見で、「日本との対話には平和条約締結問題が含まれ、その中で領土問題も議論する」とも述べた。 安倍晋三首相は今月6日の日露首脳会談で、8項目の経済中心の..

続きを読む

北方領土問題、ロシア側が交渉拒否 日ロ外相会談

2015/09/22 08:50
ロシア訪問中の岸田文雄外相は21日午後(日本時間同日夜)、ロシアのラブロフ外相と会談した。会談後ラブロフ氏は「北方領土問題については協議しなかった。協議したのは、平和条約締結問題だ」と述べ、日本と北方領土交渉を行うことを拒否する姿勢を鮮明にした。 ラブロフ氏は「ロシア側のアプローチは、日本が第2次大戦後の歴史の現実と国連憲章を受け入れることが問題の前進のために不可欠だということだ」と述べた。第2次大戦の結果、北方四島はロシアのものとなり、敗戦国の日本に異議を唱える資格は..

続きを読む

領土問題「解決済み」 ロシア次官、圧力狙いか

2015/09/03 17:14
ロシアのモルグロフ外務次官は2日、北方領土問題について、第2次大戦でソ連が占領した70年前に「解決済みだ」と述べ、交渉の対象にならないとの見解を明らかにした。インタファクス通信に語った。 モルグロフ次官の発言には、プーチン大統領も出席して3日に北京で開催される「抗日戦争勝利70周年」の行事に合わせ、日本の領土要求に圧力をかける狙いがあるとみられる。 一方で、次官は、平和条約交渉については「建設的に継続する」用意があり、領土問題も「日ロ関係全般の持続的な発展」に伴い..

続きを読む

もっと見る