≫ラベルリストをもっと見る

熱いお風呂は心臓や血管に悪影響!?

2016/11/04 18:05
寒さの増す季節、お風呂に浸かりほっとするひとときは格別ですが、熱いお湯が好き、熱くないとお風呂に入った気がしないという人は注意が必要です。42℃以上の熱いお風呂に入ると、血圧の変動が大きく、心臓や血管に悪影響を及ぼすからです。 ◆体が冷えた日には、お風呂に入って体の芯から温まりリラックスするのがなにより。入浴には、とくに3つの健康効果があると知られています。まず、体が温まることで血行が促進され新陳代謝が盛んになり、老廃物などが取り除かれて疲労回復をもたらしコリや痛みをほ..

続きを読む

もっと見る