≫ラベルリストをもっと見る

児相、人手不足が深刻化 府内の児童虐待全国最多

2015/10/30 10:44
大阪府内の児童虐待が全国最悪ペースで増加の一途をたどる中、現場で対応する児童相談所は人手不足が深刻化している。担当職員を増やしているが、虐待件数の伸びに追い付いていないのが実態だ。児相に寄せられる相談は一刻を争うケースも多く、関係者からは職員の過労や対応の遅れを懸念する声も聞こえる。 子どもの泣き声を心配する通報を受け、現場に急行する。安全確認、保護、親への通告…。合間に児童養護施設や家庭を訪問。児相内では電話対応に追われ、夜遅くまで膨大な事務作業も続く。 「対応..

続きを読む

児童虐待8万8千件、過去最多 14年度、格差や家庭の孤立背景

2015/10/08 15:52
全国の児童相談所が2014年度に対応した児童虐待の件数は、前年度比20・5%増の8万8931件(速報値)で過去最多を更新したことが8日、厚生労働省のまとめで分かった。1990年度に集計を始めてから24年連続の増加で、初めて8万件を突破。前年度は約7万3千件で、年間の増加件数はこれまでで最も多かった。 識者からは、経済格差や複雑な家族関係、都市化による家庭の孤立など虐待を生む環境が広がっていることが増加の背景にあるとの指摘も出ている。 全国207カ所の児相が相談や通..

続きを読む

札幌児童相談所、男児を保護せず / 虐待通報に「けが軽い」と判断

2015/09/21 17:56
札幌市手稲区で父親に殴られたとして4歳男児が死亡した事件で、市の児童相談所が今月1日、病院から虐待の可能性を指摘されながら「けがが軽く、虐待を裏付けられない」などとして男児を一時的に保護するなどの措置を取っていなかったことが21日、分かった。 児相は「痛ましい結果となり、深刻に受け止めている。今後、児相として対応が正しかったかを検証する」としている。 事件では17日午前1時半ごろ、手稲区のアパート一室で宮北海人ちゃん(4)の腹を殴り、出血性ショックで死なせたと..

続きを読む

10歳女児が原告 虐待対応怠り、児相を提訴 家族から暴力

2015/09/14 18:17
長崎市の女子児童(10)が母親と祖母から虐待を受けたと通報があったにもかかわらず、県長崎子ども・女性・障害者支援センター(児童相談所)が適切な対応を怠り、虐待が続いたとして、女児が原告となり県に慰謝料50万円を求めて長崎地裁に提訴した。 女児の未成年後見人の弁護士によると、提訴は7月23日付。女児は平成22年4月ごろ、母親に肩をライターであぶられた。治療した病院から通報を受けた児相は母親と面談して指導に乗り出したが3回目以降は母親が姿を見せず、23年3月に指導を打ち切っ..

続きを読む

もっと見る