≫ラベルリストをもっと見る

南相馬の介護費用「1.3倍」 震災前後比、若者避難で負担増

2016/06/17 19:01
相馬中央病院(相馬市)の森田知宏医師(29)らは16日までに、東日本大震災の前後で、南相馬市が負担した高齢者1人当たりの介護費用が平均で約1.3倍になったとする研究結果をまとめ、英国の医学誌に発表した。森田医師は「若者の避難で高齢者が介護に頼る割合が増え、公的な介護負担が増加した」と分析している。 同市が開示している2009(平成21)~14年度の介護給付費を、各年の高齢者人口で割って平均を出した。市が支出した高齢者1人当たりの介護給付費は09~11年度が平均20.3万..

続きを読む

介護離職が加速 介護「軽度」者への給付打ち切りのシワ寄せ

2016/02/29 17:20
■自力歩行できない人に「料理、掃除しろ」 年明け早々の1月20日、厚生労働省が「介護保険制度の適用見直し」を検討していることが報道されました。要介護1と2の「軽度者」に対してホームヘルパーが訪問介護で行っていた買い物、調理、掃除といった生活援助サービスを介護保険の給付対象から外すというものです。 見直しの背景には、膨らみ続ける社会保障費の問題があります。 介護保険制度がスタートした2000年。年間3.6兆円だった介護給付費が現在は10兆円を超えました。要介護..

続きを読む

16年度介護保険料 過去最高 月5352円

2016/02/20 18:13
厚生労働省は十九日、四十~六十四歳の四千二百四十万人が負担する介護保険料が、二〇一六年度は一人当たり平均で月額五千三百五十二円になるとの推計をまとめた。一五年度から百七十五円増加し、介護保険制度が始まった〇〇年度以降で最高となった。 四十~六十四歳の介護保険料は毎年度改定され、開始時の月額二千七十五円から上昇傾向が続いている。一五年度は事業者に支払われる介護報酬の2・27%減額や現役世代の負担割合引き下げで、保険料は九年ぶりに減少した。だが一六年度は高齢化でサービス利用..

続きを読む

介護報酬を不正受給 介護事業所の代表を刑事告訴 神戸市

2015/12/03 09:55
神戸市東灘区の介護事業所「あすなろ介護サービス」が不正に介護報酬を受け取っていた問題で、市は2日、事業所を運営する「大地」(同市東灘区)の蔀卓代表取締役について、詐欺罪で東灘署に告訴状を提出した。同署は受理を検討している。 市によると、蔀氏は平成24年9月~27年5月、利用者の外出サポートを行う「移動支援」を提供したとする虚偽の書類を提出し、647件分の移動支援費計約280万円を市からだまし取った疑いがもたれている。 同事業所はほかにも、24年4月~27年6月、移..

続きを読む

鳥取市内の介護施設2施設を指定取消処分

2015/10/10 16:20
不正な手段で施設の指定を受けたり、介護給付費を不正受給したりしたとして、鳥取県は鳥取市内にある2施設を11月5日付けで指定取り消し処分とします。 指定取り消し処分となるのは、「あしかわ合同会社」が運営する鳥取市面影の「面影デイサービス」です。鳥取県によりますと、「面影デイサービス」は事業を始めるための申請の際、勤務予定にない職員を使った勤務表を提出したほか、必要な職員数を満たしているかのように見せかけて指定を受けていました。事業開始から9か月間の介護給付費の不正請求額は..

続きを読む

もっと見る