≫ラベルリストをもっと見る

なぜ?災害高リスク地に高齢者施設 背景は

2020/07/09 16:49
熊本県南部を襲った豪雨による河川の氾濫で、球磨村の特別養護老人ホーム(特養)「千寿園」の入居者14人が犠牲になった。 高齢者施設が被災し、居室で暮らす人の命が奪われる例は後を絶たない。そもそもなぜ、災害リスクがある場所への施設の建設が許されるのか。背景には、危険があると分かっていても、一律に立地を規制するのは難しい現行制度の限界がある。 「相当のクラスの雨だったということか…」 熊本県河川課の担当者は、水に漬かった千寿園の被害をこう振り返る。 園は、球..

続きを読む

「身寄り」がいない それだけで…

2019/04/30 17:43
「身寄りがいない」 そう聞いて想像するのは生まれてから親の顔も知らず、一人で生きてきた天涯孤独のような人でしょうか? いやいや、そんな特別な話だけではないんです。 子どもが育って遠くに住んだり、パートナーに先立たれたり、きょうだいと疎遠になったり。あるいは家族はいるのに「高齢で頼れない」。そんな理由で誰でも「身寄りがない」とされてしまうおそれがあるんです。そうなったときどうなるか。あなたの未来かもしれない話です。 「支援をしているお年寄りから『パンとお総菜と..

続きを読む

81歳認知症父の騒動で実感した「高齢者の運転を止める」難しい実情

2019/04/27 17:49
2019年4月19日に起きてしまった池袋の暴走事故は、ドライバーにとって、そして運転を続ける高齢ドライバーの家族にとってのみならず、誰にとっても他人事ではない悪夢のような出来事だった。暴走した車は多くの人を次々と轢き、幼い子供とその母親の命を奪ってしまったのだ。 なぜ運転が危うい高齢者であっても運転ができる環境が続くのだろうか。自ら認知症の父に運転をやめさせるために1年間過酷な経験をしたライターの田中亜紀子さんがその要因を明らかにする。 今、私たちがしなければなら..

続きを読む

がん患者の介護保険利用「末期」の記載が不要に

2019/03/16 18:51
がん患者が、体力が落ちて介護保険を使いたくなった時、保険適用を申請する書類に「末期がん」と記す必要はありません--。厚生労働省が先月、全国の都道府県に向けてこんな文書を出しました。「自分や家族のことを“末期”と書くのはつらい」との声が数年前から上がっており、これに応えた形です。がんの患者・家族団体や医師らは「これを機会に、がん患者は積極的に保険を使い、介護サービスを受けてほしい」と訴えています。 ◇40歳から使える介護保険 がんが進むと体力が落ち、起き上がることさ..

続きを読む

中高年サラリーマン、税負担ずしり 控除縮小が響く

2019/03/03 16:28
子育てを終えた中高年サラリーマンの世帯を中心に税負担が増えそうだ 2019年以降も税金や社会保険で制度や仕組みの変更が相次ぐ。 特に見逃せないのが所得税・住民税で控除の仕組みが一部変わることだ。家計への影響は年収や家族構成により異なるが、子育てを終えた中高年サラリーマンの世帯を中心に支払う金額が増えそうだ。社会保険料の負担がどうなるのかと合わせて調べた。 20年にかけて家計に影響を与えそうな変更は表Aの通り。これまで負担が増えていたのは主に健康保険などの社..

続きを読む

継続の可否 自治体任せ 「障害福祉」65歳切り替え問題

2019/02/14 16:34
障害福祉サービスを受けている人が六十五歳になると、介護保険のサービスへの切り替えを自治体から求められる。しかし、障害福祉と高齢者介護では異なる部分も多く、現在受けているのと同じサービスを受けられなくなったり、自己負担が増したりする。スムーズに移行できる人がいる一方で、障害福祉と介護の違いに戸惑う人もいる。 この背景にあるのが、障害者総合支援法だ。 第七条は、障害福祉サービスと同じ内容のサービスを介護保険でも受けられる場合は、介護保険が優先されると規定する。ただ、厚..

続きを読む

もっと見る