≫ラベルリストをもっと見る

アマゾン「お坊さん便」VS仏教界 いまだ停戦に至らず

2018/05/13 17:01
葬儀や法事のお布施は“お気持ち”でこれが古くからあった“常識”である。そんな常識を覆す、定価3万5000円のアマゾン「お坊さん便」が登場して2年経つ。当時、伝統仏教の連合組織・全日本仏教会(全日仏)が「お布施はサービスの対価ではない」と定額表示に反対し、販売停止を求めるなど、「アマゾンお坊さん便VS仏教界」として社会の注目を集めたあの騒動はどうなっているのか。『宗教問題』編集長の小川寛大氏が、解説する。 「2017年8月末時点で、『お坊さん便』への累計お問い合わせ件数は..

続きを読む

もっと見る