≫ラベルリストをもっと見る

食品、相次ぎ値上げ=非正規は無期雇用転換も―4月から暮らしこう変わる

2018/03/31 16:09
4月から暮らしに関わる商品の値段や制度、サービスが変わる。納豆やヨーグルト、ワインなど食品・飲料の値上げが相次ぎ、家計の負担が増す。また、パート従業員など非正規労働者の有期雇用契約は要件を満たせば無期契約に転換できるなど、生活の安定につながる制度が本格導入される。 食品・飲料を値上げするのは、原材料費や物流費が高騰しているためだ。タカノフーズ(茨城県小美玉市)は「おかめ納豆」5品目の出荷価格を1~2割引き上げる。明治は「ブルガリアヨーグルト」2品目の容量を減らし価格を下..

続きを読む

東京を取り「三菱UFJ銀行」で最終調整 来年春にも

2017/05/14 17:34
「三菱東京UFJ銀行」が来年の春にも銀行名を「三菱UFJ銀行」に変更する方向で最終調整していることが分かりました。 三菱東京UFJ銀行は、2006年に旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が合併して誕生しました。ただ、現在の名前は「長すぎる」などの声もあったことから、来年春にも「東京」を取り、「三菱UFJ銀行」に変える方向で調整しています。持ち株会社は、すでに「三菱UFJフィナンシャルグループ」になっていて、これにそろえた形です。旧東京銀行は、かつて日本で唯一の外国為替銀行として..

続きを読む

ローソンが今さらながら銀行に参入するワケ

2016/12/19 06:35
コンビニエンスストア国内店舗数3位のローソンは11月下旬、銀行業参入に向けて準備会社を設立した。流通業による銀行業参入はセブン&アイ・ホールディングス、イオンに次いで3社目。金融庁の許認可取得を前提に、数年でサービスを開始する見通しだ。 「競合セブンと比較して、ATMという機能でわれわれは劣っていた。提携行の多さや利便性をイーブンにしなくてはいけない」。ローソンの玉塚元一会長は銀行業参入の理由を率直に語る。 ■金融部門が着実に成長しているセブン&アイ セブン..

続きを読む

もっと見る