≫ラベルリストをもっと見る

高齢ペット用フードが充実=犬や猫も「少子高齢化」

2015/10/11 11:52
高齢ペット向けフードの品ぞろえが充実してきた。室内飼いが増加した影響などでペットの長寿命化が進む一方、子犬や子猫の数は減少傾向にある。フードメーカー各社は拡大する「シニア市場」に照準を合わせ、栄養バランスや食べやすさに配慮した新商品を相次ぎ投入している。 ペットフード協会(東京)によると、「高齢」とされる7歳以上の飼い犬の割合は5割を突破し、飼い猫も7歳以上が4割を超えている。また、平均寿命は犬猫とも既に14歳を超えており、「人間より高齢化のスピードが速い」と業界関係者..

続きを読む

もっと見る