≫ラベルリストをもっと見る

委託先の作業遅れで 6万7千人に年金追加支給

2018/03/13 19:27
2月支給の年金を巡り、書類の提出や処理の遅れにより約130万人の所得税が控除されなかった過少支給の問題で、日本年金機構が委託した業者が期限内に提出された6万7千人分の書類を処理できなかったことが13日分かった。受給者に落ち度はなく、機構は15日に不足分を追加で払う。 機構は昨夏、約795万人に控除に必要な「扶養親族等申告書」を送付したが、税制改正やマイナンバー制度の導入に伴い様式を大幅に変更したため、未提出や提出遅れが続出。約130万人は2月の支給額に控除が正しく反映さ..

続きを読む

国庫に入る“おひとりさまの財産”は年間400億円!

2017/04/23 17:44
4月16日付日本経済新聞朝刊に「国の『相続』10年で2.5倍」「遺産の国庫納付年400億円」という記事が掲載された。 遺産の引き取り手がいないため国庫に入る金額が年間400億円もあるというものだが、何とももったいない話だ。 以前、このコーナーでは2度ほど、国有財産となった相続の事例を紹介した。 全く身寄りがいない「天涯孤独」の事例ではない。ただ、法律で定める相続人がいないだけなのだ。 法律で定める相続人とは、父母、祖父母、配偶者、子、兄弟姉妹と..

続きを読む

マイナンバー通知カード 兵庫の5万3千世帯未交付

2017/03/10 16:50
2015年10月に配布が始まったマイナンバー制度の通知カードで、兵庫県内の約5万3千世帯分が「未交付」として各自治体に保管されていることが神戸新聞社のまとめで分かった。宛先不明や留守で届かなかったり、受け取りを拒否したりしているケースがあるという。総務省は保管を呼び掛けているが、一部の自治体は廃棄を決めるなど対応にばらつきが出ている。 今月2~6日、県内41市町の担当者に、未交付の世帯数や、保管している通知カードの取り扱いなどを尋ねた。県が送付対象の世帯数としている約2..

続きを読む

職員の残業手当20億円 500万円支給職員も 姫路市

2016/09/16 10:01
兵庫県の姫路市職員の時間外勤務時間が2015年度、全体で約76万時間に及び、手当の総額が約20億円に上ったことが15日、分かった。時間と手当のいずれも過去5年で最高。時間外勤務が基準を大幅に超える1605時間に達し、約500万円の支給を受けた職員もいたという。 同日開かれた市議会総務委員会で市が明らかにした。 市によると、11年度の時間外勤務は職員全体で約73万2千時間(手当総額約18億8900万円)。その後、70万時間前後で推移したが、15年度は約76万5千時間..

続きを読む

マイナンバーカード魅力乏しい? 普及見通せず

2016/01/21 10:18
マイナンバー制度の浸透に向け、政府が「メリットが大きい」と強調して普及を推進する個人番号カード。県内各市町も、さまざまな方法でカードの普及を図る。だが、当面、取得率が低調のまま役割を終えた前身の住民基本台帳カード(住基カード)から機能的な“進化”は乏しく、どこまで普及が進むかは見通せない状況だ。 国や自治体が行政個人情報を相互利用できるマイナンバー制度。税や社会保障などで行政効率化の効果は大きいとされる。制度と国民を物理的につなぐ個人番号カードの普及に向け、国は各自治体..

続きを読む

通知カード未封入住民訴え相次ぐ 機構、同封主張 プログラムミスの可能性も

2016/01/20 10:03
全国各地の住民から、マイナンバー制度運営を担う地方公共団体情報システム機構(東京)送付の封書に個人番号記載の通知カードが未封入だったとの訴えが相次いでいることが19日、分かった。複数の関係者が明らかにした。富山県高岡市などカード発注元の自治体が調査したところ、機構はいずれのケースも「同封した」と主張。ただ、機構は昨年、プログラムミスが原因で通知カードが作成されていないのに配達済みと誤認したケースがあり、今回も同じ誤りの可能性がある。 関係者によると、高岡市内の70代の女..

続きを読む

もっと見る