≫ラベルリストをもっと見る

夏バテなのに「キノコ」「ワカメ」を欲しがる理由 健康志向で脚光を浴びるのは、この3社

2019/08/19 18:38
連日の記録的な猛暑で、どうしても食欲は減退しがち。食材選びにはいっそう気を配りたい時期が続く。そんな悩ましい夏場の食品売り場では、ちょっとした”異変”が起きている。 キュウリやナスが高騰し手が届きにくくなった一方、安値圏のヘルシー食材である「キノコ」類が手頃で調理も簡単と、想定以上に売れ行きを伸ばしているからだ。 また中食・外食市場では、三陸沿岸で採れたてを冷凍した冷凍「ワカメ」が旬の食材として、人気を博している。 これらを手がけるのが、ホクト、雪国まいたけ..

続きを読む

ノロ対策にマイタケ 免疫高め発症抑制 中部大学など研究グループ

2019/01/09 16:59
中部大学や富山大学、きのこメーカーの雪国まいたけなどの研究グループが、マイタケがノロウイルスの感染症に有効だということを突き止めた。マイタケを食べることで免疫力が高まり、体内のウイルスが減ることをマウスによる動物実験で確認。人間でも発症抑制や早期回復が期待できるという。子どもや高齢者らに食べてもらうことで、感染症の流行を抑えられるとしている。 ノロウイルスは、食中毒を引き起こし、冬に流行することが多い。感染力が強く、高齢者では重症化することが多い。ワクチン開発が難しく、..

続きを読む

雪国まいたけ「極(きわみ)」好調 20年かけて品種改良 多彩なメニュー提案

2017/05/17 17:40
新潟県南魚沼市のキノコ類生産販売大手、雪国まいたけが20年かけて品種改良し、平成27年夏から全国のスーパーなどで扱っているマイタケ「極(きわみ)」が好調だ。販売企画を担当した長南史香(ちょうなん・ふみか)さん(30)によると「従来のものより歯応えが強く、煮汁が黒くなりにくい」のが特徴という。 マイタケは歯応えと香りの良さが特徴で、消費量は増加傾向にあるという。ただ「鍋料理などで長く火にかけると歯応えが落ちることや、煮汁が黒っぽくなる点に消費者の不満があった」(長南さん)..

続きを読む

北海道産マイタケでワクチン効果3・5倍 インフルエンザ予防に期待

2015/10/25 09:32
道立総合研究機構林産試験場は23日、同試験場が開発した道産品種のマイタケ「大雪華の舞1号」が、インフルエンザ予防接種のワクチン効果を最大3・5倍に高めることを北海道情報大(江別)などとの共同研究で確かめたと発表した。年度内にも論文をまとめ、学術誌に投稿する。 同試験場は、大雪華の舞がほかのマイタケに比べ、免疫力を高める「βグルカン」や抗酸化作用があるポリフェノールの含有量が多いことに着目。道情報大を中心に食品の機能性を評価する「食の臨床試験」の協力を得た。 試験で..

続きを読む

もっと見る