≫ラベルリストをもっと見る

JA周桑が東京でPR 米粉麺「おこめん」 農畜産物商談会に出展

2017/03/08 16:42
地域色あふれる産品の販路拡大を支援しようと全国農業協同組合連合会(JA全農)などは7日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで「国産農畜産物商談会」を催した。8日まで開催し、全国156団体が出展。JA周桑(愛媛県西条市)が県産米「ヒノヒカリ」を100%使用したグルテンフリーの米粉麺「おこめん」を食品関係のバイヤーらに売り込んでいる。 JA周桑は米価低迷の中、稲作農家の収入増を目指し県外の製麺業者とおこめんを開発。2014年12月から販売している。米粉特有のもっちりした食感..

続きを読む

高知県四万十町の「無手無冠」が新酒入りの干支徳利を限定販売

2016/12/06 18:01
2017年の干支(えと)「酉(とり)」にちなんだ新酒入りの「干支徳利(とっくり)」の限定販売が、高知県高岡郡四万十町大正の酒造会社「無手無冠」で始まった。高知県内の名工と書家が合作した内原野焼シリーズで、第12弾の今回がラストとなる。 合作シリーズは、2005年から販売している年末の恒例商品。徳利は現代の名工にも選ばれた安芸市の陶芸家、西邨滋さん作で、県展無鑑査の書家、故福原云外さんがしたためた干支の文字を中央にあしらっている。 黄色がかった卵形の徳利には、地元の..

続きを読む

高知県四万十町の仁井田米がコンテストで日本一

2015/12/02 16:14
高知県高岡郡四万十町窪川地域で作られる仁井田米がこのほど、静岡県で開かれた「第12回お米日本一コンテスト」で最高位に当たる実行委員会会長賞を受賞し、日本一に輝いた。品種は「にこまる」で、四万十町仁井田の米販売店「宮内商店」(宮内重延社長)の稲作部会に所属する片岡源造さん(66)=仁井田=が出品した。高知県の出品者が「お米日本一コンテスト」で日本一になったのは、2010年の長岡郡本山町の「土佐天空の郷(さと)」に続き2回目。 仁井田米は、昼夜の寒暖差が大きい四万十町の高..

続きを読む

もっと見る