≫ラベルリストをもっと見る

ドコモが自社契約者を「優遇しすぎない」理由

2018/05/06 17:59
「ポイント会員を軸とした顧客基盤の拡大を本格的にスタートさせる」。NTTドコモの吉澤和弘社長は、4月27日の2017年度決算発表の場でそう宣言した。 これまでは携帯電話の回線契約をより重視してきたが、ほかの通信会社の契約者も含めて誰でも入れるポイント会員制度「dポイントクラブ」を重視する姿勢を明確にする。主力の携帯電話事業はKDDIやソフトバンクとの競争が激しい上に、2019年後半には楽天も本格参入する。そうした中でドコモは、競合各社が自社ユーザーを優遇する施策で解約を..

続きを読む

パナマ文書、21万社の情報公開=ソフトバンクや伊藤忠の名―国際報道連合

2016/05/10 10:23
タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」の分析に当たる国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、本部ワシントン)は9日午後(日本時間10日未明)、タックスヘイブンに設立された約21万4000法人の情報をホームページで公開した。ソフトバンクのグループ会社や伊藤忠商事、丸紅などの名前を含んでおり、実態が不透明なタックスヘイブンを日本企業が幅広く利用していることが明らかになった。 公開されたのは英領バージン諸島や米ネバダ州、香港をはじめとする21カ所の登記情報など..

続きを読む

電力小売り全面自由化1カ月、新電力への切り替えは一部にとどまり…関電はホッと安堵、各社は「余地あり」と強気

2016/05/05 09:17
家庭が電気の購入先を自由に選べる電力小売りの全面自由化から1カ月が過ぎた。関西、首都圏を中心に都市ガスや通信会社などの新規参入事業者「新電力」が割安な料金で売り込みを図っている。ただ、既存の大手電力から切り替えた家庭は一部にとどまっており、競争は静かなスタートとなった。 都市ガスの仕組みや新しいガス機器を使った調理などを紹介する大阪ガスの情報発信施設「ハグミュージアム」(大阪市西区)。「これからは電気も大阪ガス」とアピールするポスターが張られ、のぼりが掲げられた。 ..

続きを読む

再生エネ選択はまだ先 電力小売り全面自由化

2016/02/22 10:01
家庭も電力の購入先を選べるようになる電力の小売り全面自由化が、4月から始まる。東京電力福島第一原発事故を機に「原発に頼らず、太陽光や風力などの再生可能エネルギーに力を入れる会社を選びたい」と思う人も多いはず。だが再生エネの小売会社はまだ少ない。消費者がそうした会社を選べるようになるには、少し時間がかかりそうだ。  ■ 遅れる参入 自由化を控え、ガスや通信会社など、家庭向けの電力小売りに参入する事業者(新電力)が相次いで電気料金メニューを発表している。新電力各社は、..

続きを読む

新電力、顧客獲得へ競争過熱 4月小売り自由化で

2016/02/22 09:33
4月1日から電力の小売りが全面自由化され、兵庫県内でも大企業から地域企業まで10を超える新電力会社から料金プランを選べるようになる。既に受け付けが始まり、企業間の料金競争が過熱する一方、ベンチャーや地域企業は再生可能エネルギーや地元の太陽光発電などを前面に押し出し、差別化を図っている。 エネルギー関連ベンチャーの洸陽電機(神戸市東灘区)の山本吉大会長は「いまは各社とも関西電力の料金との比較で消費者に訴えているが、いずれ新電力同士が特色を競う時期が来る」と見通す。 ..

続きを読む

4月に電力小売り完全自由化 家庭の電気お得合戦 ガスや携帯セット割引

2016/01/25 08:47
4月に電力小売りが全面自由化され、家庭は電気を買う電力会社を選べるようになる。ガスや携帯電話をセットで契約すれば割安になるなど多様な料金プランが登場し、ライフスタイルに応じて選べば家計の負担を減らせそうだ。ただ、どれが最もお得になるか選ぶのは難しい。選び方によっては割高になるので、電気の使用量やよく使う時間帯、割引の条件などの見極めが必要になる。 「電気もはじめます。東京ガス」。4日に予約の受け付けを開始した東京ガスの販売店は、電力販売を告知するポスターを店頭に張って顧..

続きを読む

もっと見る