≫ラベルリストをもっと見る

屈指の捕鯨基地、復活なるか 「天の恵み」アイヌにも縁

2019/07/04 20:43
日本はクジラの資源管理を議論する国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、1日、31年ぶりに商業捕鯨が復活した。 北海道釧路市からは沿岸操業を担う5隻の小型捕鯨船が出港、さっそく2頭を水揚げした。ただ、捕獲枠は小さく、舌の肥えた消費者に鯨肉が受け入れられるかも未知数。採算がとれるようになるかも分からず、多難な船出となりそうだ。 北海道釧路市の釧路港には1日、網走市、和歌山県太地町、宮城県石巻市、千葉県南房総市の4港から小型捕鯨船5隻が集結。午前9時から、商業捕鯨再開の出港..

続きを読む

鯨肉の給食も 小学校でクジラ出張講座、和歌山

2019/07/03 17:40
31年ぶりの商業捕鯨再開をきっかけに、クジラの生態や捕鯨の歴史を知ってもらおうと、和歌山市立和歌浦小で3日、5、6年生を対象に専門家による「鯨の出張講座」が開かれた。 講座終了後の給食では全校児童にクジラ料理が提供され、小学生らがおいしそうにほおばった。 講師を務めた日本鯨類研究所(東京)の田村力資源生物部門長は、クジラの生態や日本人との関わりを分かりやすく解説。「日本人はクジラの肉をたくさん食べてきた」と話した。 和歌山県は2017年度から小中学校などで年..

続きを読む

「捕鯨の歴史、令和へ」 和歌山・太地町で鯨供養祭

2019/04/29 18:22
捕鯨の町として知られる和歌山県太地町で29日、「鯨供養祭」が営まれ、町漁協や捕鯨OB会の関係者ら約100人がクジラをかたどった慰霊碑に焼香し、手を合わせた。 三軒一高町長(71)は「クジラへ感謝の心を持ち続け、わが町とクジラとの長い歴史を新たな時代である令和へと伝えていきたい」とあいさつ。 町漁協の参事貝良文さん(59)は政府の国際捕鯨委員会(IWC)の脱退通告により、7月から約30年ぶりに再開される見通しの商業捕鯨に触れ、「悲願だった再開。私たちに恵みを与えてく..

続きを読む

クジラに呑み込まれた男性、口の中から逃げ出して助かる

2019/03/11 16:16
南アフリカ共和国・ポートエリザベスに住むライナー・シェイフさんは、ダイビングオペレーター歴15年のベテランだ。 しかし、こんな経験は生まれて初めてだったと話す。シェイフさんだけでなく、ほとんどの人が経験したことがないだろう。彼はクジラに呑み込まれ――そして無事に生還したのだ。 シェイフさんは2月、イワシの群れを撮影するために仲間とともにシュノーケリングをしていた。イワシの大群を捉えるサメの姿を撮影しようとした次の瞬間、突然目の前が真っ暗になったという。 「体..

続きを読む

新メニュー提供、観光客呼び込み クジラのランチはいかが、和歌山

2019/02/19 18:14
江戸時代に古式捕鯨が始まった和歌山県で、熊野灘沿岸の飲食店や宿泊施設がクジラを使ったランチメニュー「くじらキッチン」の提供を始めた。色とりどりの野菜やフルーツを合わせ、“インスタ映え”も意識。近年、消費が落ち込んでいるクジラを若い人々にアピールし、観光客を呼び込むのが狙いだ。 企画したのは、県や県観光連盟などでつくる熊野灘捕鯨文化継承協議会(和歌山市)。昨秋、「20~30代の女性が食べたくなるランチ」をテーマに参加店を募集。捕鯨文化が息づく新宮市、那智勝浦町、太地町、串..

続きを読む

商業捕鯨再開 農相が近く省令改正へ 海域ごとに漁獲枠設定

2019/02/01 18:39
吉川農林水産大臣は1日、閣議のあと記者団に対し、ことし7月からの商業捕鯨再開に向けて資源に影響を与えないよう、近く省令を改正して対象となるクジラの種類や海域ごとに捕獲枠を設ける方針を明らかにしました。 この中で吉川農林水産大臣は、IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、ことし7月から再開する商業捕鯨について、「科学的な根拠に基づく資源管理を徹底し、100年間捕鯨を続けても資源が減少しない水準を維持する」と述べました。 このために、吉川大臣は「IWCで採択された方式で算出..

続きを読む

もっと見る