≫ラベルリストをもっと見る

身寄りのない“おひとりさま” 死後の備えはどうしたらいい?

2019/01/29 19:04
「気がついたら、自分の老後や死後を託す人が周りにいない。そんな状況はだれにも起こりえます」 『ひとり終活』(小学館新書)などの著書がある、シニア生活文化研究所の小谷みどり所長は、こう語る。 生涯シングルを貫く、子どもがいない、親族と交流がなく疎遠、熟年離婚した……。身寄りのない“おひとりさま”が増える要因は様々だ。死後の備えは、どうすればよいだろうか。 支える制度がいくつかある。 例えば、死亡届提出、葬儀や納骨の手続き代行、遺品整理、SNSのアカウント..

続きを読む

【シングル時代】お一人さまの最期をどうするか? 「終活」を自治体と葬儀社が支援 生前に望むかたちを契約

2016/06/11 17:55
独り暮らしの高齢者が増えるなか、自身の最期や死後の手続きに不安を覚える人は少なくない。そんな「お一人さまの終活」を自治体や葬儀社が協力して支援する試みが神奈川県横須賀市で始まっている。独居高齢者には生活にゆとりのない人も多いが、地域で支援することで希望に沿うエンディングがかなう可能性が出てきた。      ◆ 引き取る人なく 「私 死亡の時 15万円しかありませんが 火葬 無縁仏にしてもらえませんか 私を引き取る人がいません」 昨年1月、横須賀市内に住む70代..

続きを読む

終活を行政がサポート!独居高齢者増加による終活の必要性

2015/11/13 18:48
先日、神奈川県横須賀市が独り暮らしで収入も少ない高齢者を対象に、生前に葬式の契約をしてもらう「エンディングプラン・サポート事業」を始めるとのニュースがありました。 行政がこのようなサポートを始めたことは、一人暮らしで収入も少ない高齢者が増加してきたことを意味しています。2014年に放送されたNHKスペシャル「老後破産の現実」でも、「独居老人600万人の半数が、年120万円未満の年金で暮らしている」と解説されていたため、この見方は正しいと推測されます。 確かに、一人..

続きを読む

もっと見る