≫ラベルリストをもっと見る

なぜ、インフルエンザで高熱が出るの?

2019/02/12 17:41
インフルエンザに感染すると38℃以上の高い熱が出ます。人によっては40℃を超えることも。 なぜインフルエンザに感染すると高熱が出るのでしょうか? 脳の体温調節中枢が発熱シグナルを送る インフルエンザや風邪のウイルスに感染すると人は熱を出しますが、その仕組みを横浜相原病院(神奈川県横浜市)の吉田勝明院長が解説してくれました。 「ごく簡単に言うと、人の体にウイルスが侵入すると、白血球などの免疫細胞が異物であるウイルスを取り囲んで戦いが始まります。すると体..

続きを読む

薬需給にミスマッチも…猛威振るうインフルエンザの感染力

2019/01/30 18:50
インフルエンザが猛威を振るっている。1週間の患者数が過去2番目の多さとなり、大流行だった昨シーズンに迫りつつある。厚生労働省は警戒を強めており、対策情報を発信している。また、一部の抗ウイルス薬では想定以上の需要が出ているものの、増産対応は難しい状況だ。 厚労省によると、1月14―20日の1週間で報告されたインフルエンザの患者数は1医療機関当たり53・91人で、昨シーズンのピークとなった54・33人に次ぐ多さだった。30人を超える「警報レベル」は44都道府県に及ぶ。全国で..

続きを読む

インフルエンザ猛威 新治療薬「ゾフルーザ」処方は大人中心か

2019/01/11 17:57
今、猛威をふるっている「インフルエンザ」。患者数も急増し学級閉鎖も目立つようになってきました。 学級閉鎖を実施 名古屋市中村区にある「ほのか小学校」。冬休みが明け、本来授業をやっているはずの教室を見てみると、子どもたちの姿はなく閑散としていました。 「インフルエンザが学級の中で増えたので、きょうは学級閉鎖になっています」(ほのか小学校 寺島喜雄 校長) こちらのクラスでは、1月8日までは欠席は1人しかいませんでしたが、9日には9人に。その大半が、..

続きを読む

<インフルエンザ>服用1回で効果 新薬「ゾフルーザ」とは

2018/11/03 17:33
インフルエンザへの警戒が必要な季節がやってきた。手洗いなどの予防は欠かせないが、今年は、インフルエンザにかかってしまった時の治療が大きく変わりそうだ。厚生労働省は今年2月、塩野義製薬が開発したインフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」を承認した。薬は3月に発売され、今シーズンから本格的に使われる。ゾフルーザはこれまでの治療薬「タミフル」などとどう違うのか。気になる効果や副作用について、インフルエンザに詳しい廣津医院(川崎市)の廣津伸夫院長に聞いた。 ◇細胞内でウイルスの..

続きを読む

医師も徹底、インフルエンザ対策=手洗い、うがいに鼻洗浄

2018/01/22 16:12
インフルエンザが猛威をふるい始めています。外来受診するインフルエンザ患者さんが増えつつある状況ですが、ちまたではインフルエンザがはやっているときは病院が危険だから近づくな、などと言われているようです。薬品メーカーの営業担当者も、病院から出たらとにかく手をよく洗うように会社から言われていると聞きました。 そんな病院やクリニックで働く医師はどのようにインフルエンザを防いでいるのか、気になる方は多いと思います。もちろん医師もインフルエンザにかかることがあります。いくら予防に努..

続きを読む

緑茶や塩は有効?専門家に聞いた正しいうがいの方法

2015/11/16 18:54
以前、「教えて!gooウォッチ」で「マスクをつけていればうがいは不要?うがいに関する知っ得ネタ」という記事をリリースした。 風邪やインフルエンザが流行りだす季節、予防には細心の注意を払いたいもの。そこで、専門家に正しいうがいの方法や、うがいに用いると効果的なものを教えてもらった。 お話を伺ったのは、ほけんし株式会社代表取締役で、保健師の井谷衣里さん。 「うがいそのものは元々、平安時代からある風習で、手洗いと同様『水で洗い流すこと』が習慣化されているだけです。..

続きを読む

もっと見る